TRUE DETECTIVE

写真拡大

米HBOの刑事ドラマ『TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ』は同局のドラマ初回放送において最高視聴率を達成し、第66回エミー賞では監督賞含む5部門を獲得した大ヒットシリーズとして知られている。だが、キャスト全員と、スタッフの一部を変更して舞台をロサンゼルスに移したシーズン2の評価は残念ながら高いとは言えず、そのまま新シーズンへの更新はないまま2015年8月に放送が終了していた。ところが、ここにきて、シーズン3が製作されるのではという噂が出ている。

米Entertainment Weeklyによると、3月27日(月)同作のクリエイター、ニック・ピゾラットが少なくともシーズン3の2話分の脚本を執筆していることと、脚本家のデヴィッド・ミルチ(『NYPD BLUE 〜ニューヨーク市警15分署』)が彼と共に製作に関わっていることが明らかになった。

昨年7月に就任したHBOの番組編成責任者であるケイシー・ブロイズは『TRUE DETECTIVE』の新シーズンについて、「まだ終わってない。ピゾラットとHBOは次のシーズンに前向きな姿勢だ。ピゾラットは他のプロジェクトに取り掛かっており、脚本を書く時間がないので、他の脚本家を見つけ、彼がそれを監修する方法も考えている。とても大事な作品であり、まだ終わりではない。ただ、まだシーズン3の製作には至っていないだけだ」と今後について前向きに語っていた。

このことについて、HBOからの正式なコメントは発表されていないが、シーズン3が製作されることを願うばかりだ。(海外ドラマNAVI)