写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●子どもを望む前に医師と相談を
てんかんは年齢や性別に関係なく発病するが、近年は治療法も進歩してきており、難治性てんかん向けの治療法も確立されてきている。ただ、妊娠という生命の神秘を体験する可能性のある女性や、これから先長い人生を歩む小児にとってのてんかんは、通常よりも事情が込み入るケースがある。

今回は、高島平中央総合病院脳神経外科部長の福島崇夫医師に「女性と小児のてんかんで気をつけるべきポイント」についてうかがった。

○抗てんかん薬が血中葉酸濃度を下げる可能性

てんかんを患う女性にとっての関心事の一つに妊娠・出産があげられるだろう。てんかんに罹患していても、適齢期の女性であれば妊娠・出産は可能だ。また、一部の遺伝するてんかんを除き基本的にはてんかんは遺伝しないとされ、さらに男性の抗てんかん薬服用による妊娠・胎児への影響は、現在のところ影響はないとされている。

ただし、てんかん発作や服薬している薬など、いろいろと注意すべき点もある。そのため、安全・安心な妊娠・出産をするためにも、子どもを望む場合は事前に主治医と綿密なカウンセリングを重ねた方がよい。

妊娠を選択するとなったら、通常の女性と同様に葉酸の摂取が推奨されている。「てんかん治療ガイドライン2010」は妊娠前で一日0.4mg、妊娠時で0.6mgの葉酸の摂取が望ましいとしている。葉酸を摂取することで催奇形性(さいきけいせい: 奇形を生じさせる性質)のリスクも低減できるため、妊娠を考えている女性は予防的な観点からも積極的に葉酸を摂取したい。

だが、一部の抗てんかん薬を服用すると血中の葉酸濃度が低下する。そのため、医師と相談のうえ、場合によっては薬を変更したり、投薬量を減らしたりする必要も出てくる。

「妊娠初期に抗てんかん薬を内服していると、催奇形性のリスクが5〜10%(一般人口での発症率は2〜5%)ほどあると言われています。副作用が出る恐れもありますし、長期間にわたって服用することを考えると、抗てんかん薬はできるだけ少ないに越したことはありません。多剤併用よりも単剤にした方がいいケースも出てくるでしょうね」

自己判断で薬の量を加減するのは危険なので、必ず専門医の指示を仰ぐように。

○てんかん発作が胎児に与える影響とは

妊娠中のてんかん発作が胎児に与える影響も念頭に置いておかなければならない。実際、妊娠中は代謝活性が増加して抗てんかん薬の血中濃度が低下するため、発作が増加するケースも少なくないとのこと。

現時点までは、「妊娠中のてんかん発作」と「産まれてくる子が障害を発現する確率」の相関性について明確な医学的根拠は確認されていない。ただ、てんかん発作時に胎児は低酸素状態になると考えられており、頻回に起きるようだと切迫流産や早産の原因となりうる可能性も指摘されている。時期によっては発作の再発防止を優先し、薬剤の増量を検討することになる。

また、出産後の授乳による子供への影響も危惧するところだろう。一部の抗てんかん薬は母体血中から母乳中にも移行しやすいものがあるが、基本的には授乳は可能である。

ただでさえ、妊娠は心身ともにかなりの負担を女性に強いる。てんかんを持病に抱えながら出産するというのであれば、本人の意思はもとより、パートナーや家族らのサポートが必須と言えよう。

●治療しやすい小児てんかんの種類
小児の場合、母体内にいるときや分娩時に何らかの理由で脳が傷つき、その傷が原因で小児てんかんを発病することがある。また、生まれつき脳が奇形を起こしていたり(先天性奇形)、代謝異常が引き起こされたり(先天性代謝異常)しててんかんになるケースもある。

近年は、てんかんの種類によって外科手術が可能な事例も出てきている。幼少期に発病した場合、可能な限りの治療を早い段階から施してあげたいのが親の本心だろうが、予後の良し悪しは個人差があると福島医師は解説する。

「小児てんかんは難治性てんかんに移行し、そのまま生涯にわたり抗てんかん薬が必要になるケースがある一方で、ある一定期間が過ぎるとてんかんの発作が無くなり、薬から離脱できるケースもあります」

一般的に「良性ローランドてんかん」「小児欠神てんかん」が治療によって発作が消失しやすいとされており、「若年ミオクロニーてんかん」は治療で完全に発作が抑えられることもある。自身の子どもがてんかんとわかったら、どのタイプなのかをきちんと特定したうえで治療にあたることが肝要だ。

○成長期のてんかん発作で脳にダメージ

先天性奇形や先天性代謝異常が原因のてんかんは、3歳前後までに発病すると考えられている。ただ、この時期以降の成長過程において、てんかんを患っている事実が判明するケースも往々にしてある。例えば、保育園や小学校で他の子たちと同じことができない子どもは、てんかんを発病している可能性を含んでいる。

「てんかん発作を何度も起こすと脳に不可逆的なダメージを負って、脳の高次機能障害につながることがあります。特に脳が成長・発達する過程においてこういうてんかん発作を繰り返していると、知的障害になるケースもあります」

てんかんを患っている人は元来、脳に形成異常があるケースが少なくないという。そのため知能指数が低くなりがちで、学校や保育園でも通常の学級にはついていけず、特別支援学級に入らざるをえないことも。その時点で初めて、てんかんになっていた事実が明らかになることもあるという。

初めて持つ子どもがてんかん発作に苦しんでいる場合、子育てに人一倍気を遣うようになってもおかしくない。てんかんの治療を最優先したい気持ちも芽生えるかもしれない。ただ、てんかんにばかり目を向けてしまうと、子ども自身の成長を見落とすことにつながりかねない。医師と密にコミュニケーションをとったうえで、子どもの年齢にあった接し方が親には求められるのではないだろうか。

●てんかんと上手に付き合うためのポイント
本稿では女性と子どものてんかんに焦点を当ててきたが、最後にすべてのてんかん患者に知っておいてほしい「てんかんと上手に付き合うためのポイント」を福島医師に解説してもらった。

日常生活において注意する点はいくつかあるが、最も重要なのは「薬をきちんと飲み続けること」だという。薬の特徴や副作用を十分に理解しておくことも同様だ。

過度のストレスや寝不足は発作の誘発因子のため、規則正しい生活をし、十分な睡眠をとることが発作予防の観点からは大切である。また、過度のアルコール摂取やチカチカするような光刺激も、発作を誘発する可能性がある。そのため節酒を心がけ、テレビを見たりゲームをしたりする際は、必ず部屋を明るくするなどの工夫が必要である。

いずれも、普段からのちょっとした心がけで実施できることばかり。そのうえ、規則正しい生活や十分な睡眠などは、発作予防だけではなく健全な心身作りにも寄与する。そういった面からも、これらの決まりごとを遵守しない手はないだろう。

○てんかんはコントロールできる

てんかんは自身の意図しないタイミングで発作が起きるときもあり、その発作は病気の罹患を知らない人からすれば、奇異に見える場合もある。それでも、中には治療をしやすいタイプのてんかんもあり、発作を抑えることもできる。そのため、福島医師は「てんかんは不治の病ではなく、コントロールも十分可能です」と力を込める。

てんかんを患っていても、医師の診断書があれば運転免許証も取得できるし、女性ならば妊娠・出産という道を選べる。症状に対して正しい知識を持てれば、健常者と同じように人生を謳歌できる以上、人生における選択肢を自ら狭めるようなことはしないでほしい。

※写真と本文は関係ありません

○記事監修: 福島崇夫(ふくしま たかお)

日本大学医学部・同大学院卒業、医学博士。日本脳神経外科学会専門医、日本癌治療学会認定医、日本脳卒中学会専門医、日本頭痛学会専門医、日本神経内視鏡学会技術認定医。大学卒業後、日本大学医学部附属板橋病院、社会保険横浜中央病院や厚生連相模原協同病院などに勤務。2014年より高島平中央総合病院の脳神経外科部長を務める。

(栗田智久)