写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士通と米VMwareは3月30日、自動車業界に向けIoTソリューションを提供するための戦略的協業を発表した。これにより、富士通の無線通信を使用してソフトウェアのダウンロードや更新を行うOTA(Over The Air) リプログラミングソリューションにVMwareのIoTソリューションを組み合わせて提供する。

富士通は、世界の自動車メーカーおよびパートナー企業を支援するため、VMwareのIoTソリューションを富士通のOTAリプログラミングソリューションに組み込むことにより、自動車メーカーの信頼性要求を満たすワンストップクラウドサービスを提供する。

具体的には、富士通は、コネクテッド・カーの普及に伴ってより高度化するECUソフトウェアを効率的に管理・更新するために、差分更新技術を適用したクラウド連携のOTA リプログラミングソリューションを提供する。

また、携帯電話やスマートフォンなどの開発を通じて培ったヒューマン・セントリックなセキュリティ技術を、自動車設計開発から組み立て工場、さらにはユーザーガレージまで、自動車のライフサイクル全般に適用する。

一方、VMwareのIoTソリューションは富士通のOTA リプログラミングソリューションと組み合わせることで、車両内のすべてのデバイスに対し、自動車メーカーが必要な時に無線通信を用いたソフトウェアアップデート機能を迅速に提供することができるとともに、コネクテッド・カーのためのサービスと高度なセキュリティ技術の迅速なグローバル展開を実現する。

(辻)