写真提供:マイナビニュース

写真拡大

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『購入から半年経過したiPhone、SIMロック解除すべき?』という質問に答えます。

***

SIMロック解除は、利用者からの申し出に応じる形で通信事業者が行うもので、購入から一定期間が経過したからといって自動的に適用されることはありません。2015年5月以降に発売されたiPhoneであれば、ドコモの場合は端末購入日から6カ月以上、auとソフトバンクは180日以上経過したとき、所定の手続きを踏むことでSIMロックを解除できます。

2017年3月現在では、2015年9月発売のiPhone 6s/6s Plus、2016年3月発売のiPhone SE、2016年9月発売のiPhone 7/7 PlusがSIMロック解除の対象となります。最新機種のiPhone 7/7 Plusも発売から半年を経過したため、今後はSIMロック解除を申し込む利用者が増えることでしょう。

SIMロック解除はいわば利用者の権利ですから、必要なければそのまま使い続けてもかまいません。「格安SIM」など他の通信事業者のSIMを利用する予定がなく、現在の通信プランに納得しているのであれば、そのまま(SIMロックされたまま)使い続けてかまいません。

ただし、iPhoneを売却する予定があるとなると話が変わってきます。SIMロック解除後に買い取り依頼したほうが、査定価格が高くなることが多いからです。となると、自分で格安SIMを導入する予定がなくても、いつでも手放せるよう購入から半年経過後はSIMロック解除しておくべきでしょう。契約期間内の解約とは異なり、SIMロック解除してもペナルティを要求されるなどの不利益が発生することはありません。

ところで、日本国内でiPhoneを扱う3大キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)のいずれも、オンラインでSIMロック解除の手続きが可能です。ショップに依頼すると手数料が発生するため、注意しましょう。

(海上忍)