写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ホビーメーカー・コトブキヤが、自社オリジナルプラモデルシリーズ「フレームアームズ」の最新サンプルキットの組み立てができ、プラモの開発工程も体験できる「プラモデル開発体験会」を4月27日に東京・立川市に所在する本社ビルで行うことを発表した。同市のふるさと納税の返礼として実施する。

イベントは、午前の部(9時から11時30分)と午後の部(13時から15時30分)の2部構成で開催。体験内容はコトブキヤ社内&3Dプリンタの見学、CAD実演および手押し成型機体験(アーキテクトマン特別成型色のプレゼント)、「フレームアームズ LX-00レイファルクス」のテストサンプル組み立て体験&サンプル持ち帰り、記念撮影を予定している。

定員は午前の部、午後の部各4名ずつで計8名。入場チケットは先着で、立川市のふるさと納税へ20,000円寄付すると、返礼品として提供される。応募は3月31日12時から4月13日まで。

(C)KOTOBUKIYA