日本の環境保護やリサイクルに関する技術、取り組みはしばしば中国メディアに取り上げられ、賞賛される。狭い国土と限りある資源をいかに有効に利用するか、という観点で論じられることが多い。中国メディア・今日頭条はこのほど、「日本がどのようにゴミを処理しているかを見たら、恥ずかしさを覚える」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF) 

写真拡大

 日本の環境保護やリサイクルに関する技術、取り組みはしばしば中国メディアに取り上げられ、賞賛される。狭い国土と限りある資源をいかに有効に利用するか、という観点で論じられることが多い。中国メディア・今日頭条はこのほど、「日本がどのようにゴミを処理しているかを見たら、恥ずかしさを覚える」とする記事を掲載した。

 記事は、日本国内の資源ごみリサイクル処理場での作業の様子を写真付きで紹介している。1枚目は新聞や古紙の収集ゾーンで、ヘルメットをかぶった中年男性が熱心に作業をしている様子が紹介された。2枚目はびん類の処理セクションで、記事は「びんの色ごとに分類して置かれている」と説明している。

 3枚目はペットボトルの圧縮処理現場だ。ベルトコンベアから流れてくるペットボトルをチェックし、担当者が対象外のボトルやフタなどを除外している。4枚目はスチール缶資源がきれいに圧縮されて直方体のブロック状になって詰まれている様子だ。より効率の高いリサイクルを実現するために、しっかりとした下準備が行われていることを感じさせるものだ。

 実際にリサイクル処理が行われている現場の写真を見た中国のネットユーザーからは「日本は手が動くが、わが国は口しか動かない」、「細かすぎる。ゴミ処理でも日本に敬服しなければならない」、「日本人の前では、中国人が恥ずかしいと思うことは多い」、「これが差というものだな」といった賞賛の感想が寄せられた。

 中には「ゴミ処理ステーションがわが国の一部レストランよりもキレイとは」という皮肉交じりのコメントを残すユーザーも。指摘がその通りかどうかの評価は控えたいが、環境保護と衛生が密接に関わりあっているということは間違いないだろう。ゴミをきれいに分別してリサイクルすることは、衛生面の改善にもつながるのだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)