1分で野菜おかずができる!レンチンだけで毎日OK

写真拡大

 あと1品、野菜のおかずがほしい! 健康のためにも、食卓やお弁当の彩りにも。でもなかなかレパートリーはないし、準備も面倒。結果、毎日プチトマト…。そんな日々を劇的に変えられるのが、1分単位でできる野菜おかず。しかもレンジでチンするだけです。

◆ブロッコリーが1つあれば十分!レンチン1分強で完成

「結局よく使う野菜って7種くらいじゃないですか? その7つの野菜のどれか1つがあれば、調味料と混ぜてレンジでチンするだけで、おいしい野菜おかずがすぐできます」

 そう語るのはカリスマ料理ブロガーのたっきーママさん。

「材料は1つの野菜だけでも、切り方を変えたり、調味料を変えるだけで同じ野菜とは思えない味に。毎日同じ野菜でも飽きませんよ」

 確かに、野菜を使い切るのは大変なので、1つでいろいろおかずができたら助かります!

 でも本当にレンジでチンするだけですか?

◆ブロッコリーのセサミ粒マスタード

<材料>(2人分)
A ブロッコリー(小房に分ける):1/2株(100g)
  粒マスタード、しょうゆ、ごま油:各小さじ1
  塩:ひとつまみ
  白いりごま:小さじ1

<作り方>
1)耐熱容器にAを入れる。ふんわりラップをかけてレンジで1分20秒加熱し、ごまを振って混ぜる。

*電子レンジは600Wのものを使用しています。
*電子レンジ対応の耐熱容器を使用してください。
*熱いので、加熱後にラップを外すときはやけどに注意してください。

 確かに材料を耐熱容器に入れて1分20秒加熱するだけ。

 なのに、ごまと粒マスタードのつぶつぶが、食感も味わい深く、見た目にもブロッコリーだけでないちゃんとした1品感を主張します。

「お湯を沸かして、ゆでて、と考えると面倒に感じますが、レンジでチンするだけなら栄養分も逃げないし、時間も早いし、洗い物も少ない。いいことずくめです」(たっきーママさん)

◆ブロッコリーのオイルしょうゆ

<材料>(2人分)
ブロッコリー(小房に分ける):1/2株(100g)
オリーブオイル:大さじ1
しょうゆ:小さじ2
塩:ひとつまみ

<作り方>
1)耐熱容器に材料をすべて入れる。ふんわりラップをかけてレンジで1分20秒加熱し、混ぜる。

 こちらもブロッコリーと調味料だけなのに、さっぱりしょうゆ味がおいしくて、箸が止まりません。

「ブロッコリーは加熱しすぎるとしなったり、焦げたりするので、加熱時間は長くなりすぎないように気を付けてください」

 下ごしらえの必要がないと、野菜料理のハードルがぐっと下がります。しかも他に材料をそろえる必要もなく、1分強でできるなら、朝でも夜でもすぐにできてうれしい!

 このレシピは、たっきーママさんの最新刊「全部レンジで朝すぐ!弁当」からのもの。これ以外にレンチン1分強でできるブロッコリーのレシピが8個もあります! また、よく使うにんじん、ピーマンなど7種の野菜を使って、レンチン1分単位でできるレシピがそれぞれ10個ぐらいずつあり、同じ野菜でこれだけバリエーションが出せるのかと目からウロコ。

 お弁当の副菜としてはもちろん、夕食の1品に、お酒のつまみに、女子会の持ち寄りに、野菜の簡単レシピは本当に使えます。野菜不足だなと感じたら、冷蔵庫をのぞいて、あるものでおいしい1品、作ってみましょう。

【たっきーママ(奥田和美)】
 月間200万アクセスの人気料理ブロガー。簡単でおいしいレシピが評判で、料理レシピ本大賞in Japan2016入賞、レシピブログアワード2年連続お弁当部門グランプリ受賞。作りおきや1分でできる副菜など全部レンジでできるお弁当の新刊「たっきーママの作りおきおかずも!副菜も!全部レンジで朝すぐ!弁当」が3/30発売。

<TEXT/女子SPA!編集部>