伝説の映画監督 ―ハリウッドと第二次世界大戦―

写真拡大

スティーヴン・スピルバーグ(『ブリッジ・オブ・スパイ』)が製作総指揮を務めるNetflixオリジナルドキュメンタリー『伝説の映画監督 ―ハリウッドと第二次世界大戦―』が本日3月31日(金)より全世界同時配信スタートとなる。本作は、同名書籍の映画化であり、第二次世界大戦中、戦地で作品を撮った伝説の映画監督たちの作品を検証し、ハリウッドが戦争に与えた影響、そして逆に戦争がハリウッドに与えた影響を掘り下げていく迫真のドキュメンタリーシリーズだ。この度、配信開始に合わせてキービジュアルが解禁となった。

『駅馬車』のジョン・フォードや『ローマの休日』『ベン・ハー』のウィリアム・ワイラー、そして『白鯨』のジョン・ヒューストン、『或る夜の出来事』のフランク・キャプラ、『シェーン』のジョージ・スティーヴンスなど5人の名監督は、当時、映画界の第一線で活躍していながらも、愛国心のために安全な立場を捨て、命をかけて戦地に赴いて悲惨な戦争の現実を伝える映画作品を撮っていた。戦争に向かう多くの人々と共に、実は映画監督たちも祖国の勝利を考えて力を尽くしていたのだ。

本作では、スティーヴン・スピルバーグ、フランシス・フォード・コッポラ、ギレルモ・デル・トロ、ポール・グリーングラス、ローレンス・カスダンという現代ハリウッド映画界の巨匠5人の監督のインタビューから、いかに映画が国民の戦争への意識を操作するために影響したか、そしてハリウッドが担った役割は何だったのかを探っていく。そしてシリーズを通してのナレーションは大女優メリル・ストリープが担当。まさに映画ファンには夢のような作品であり、かつ重要な意味を持つ作品となっている。

製作総指揮も手掛けるスピルバーグは「映画はサイレント時代初期から人を酔わせるものだった。そしてハリウッドは早くから映画が変化をもたらすための強力な道具あるいは武器であることに気付いていたんだ」と語り、コッポラは「最も純粋な形である映画は、プロパガンダに利用することができてしまう。ヒトラーとナチス宣伝大臣のヨゼフ・ゲッベルスは、大衆の思想を思い通りに操作できる映画の力を理解していた」と語っている。

Netflixオリジナルドキュメンタリー『伝説の映画監督 ―ハリウッドと第二次世界大戦―』は3月31日(金)より全世界同時配信開始。(海外ドラマNAVI)