(c)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. A LL RIGHTS RESERVED

写真拡大

『LEGO(R)ムービー』シリーズ最新作『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』より、予告編とティザービジュアルが公開された。

参考:『ひるね姫』神山健治が語る、日本アニメの課題 「業界全体が危機感やジレンマを感じている」

 本作は、『レゴバットマン ザ・ムービー』(4月4日公開)に続く、シリーズ最新作のアドベンチャー・アニメ。若きニンジャのロイドが、師匠ウー先生に率いられ、仲間たちとともにニンジャゴーシティを守るために立ち上がる模様を描く。なお、英語版では、ウー先生の声をジャッキー・チェンが担当。

 このたび公開された予告編は、平和なニンジャゴーの世界に、悪の支配者・ガーマドンが手下を従えて攻め込んでくるシーンから始まり、街を破壊し、逃げ惑う人々を見ながら高笑いするガーマドン、主人公のロイドが、仲間とともに新型マシーンや、それぞれのパワーを駆使して世界を守るため立ち向かう様、ガーマドンが実はロイドの父親であり、因縁の親子が再会する様子などが収められている。

 一方のティザービジュアルには、舞台となるニンジャゴーシティの夕焼けをバックに佇むロイドと、水面に映し出されるニンジャ姿のロイド、“ふたりのロイド”が捉えられている。