種類が豊富で、多様性を備え、奥深い中国の食文化が世界無形文化遺産リストに登録されていないというのは、飲食業界にとって非常に残念なことにほかならない。

写真拡大

幅広く種類が豊富で、多様性を備え、奥深い中国の食文化が世界無形文化遺産リストに登録されていないというのは、飲食業界にとって非常に残念なことにほかならない。光明網が伝えた。

世界三大料理であるフランス料理とトルコ料理はグルメ分野としてそれぞれ2010年と2011年に無形文化遺産リスト入りを果たしている。中国料理も2011年に中国料理協会(CCA)と文化主管当局が「中国料理の技術」を無形文化遺産として申請したが、中国国内の審査にも通らなかった。一方で韓国の「キムジャン、キムチ作りと分かち合い」や「和食 日本人の伝統的な食文化」は2013年に無形文化遺産リスト入りを果たしている。

中国料理の無形文化遺産申請業務の責任者である中国料理協会の辺疆副会長は、「協会は現在、大学と協力して中国グルメの無形文化遺産申請の報告書を起草しており、第一稿がすでに完成している。今後は文化部が同報告書をユネスコに提出するか否かを判断し、その後、ユネスコにリスト入りの判断がゆだねられることになる」と語った。

また、「世界無形文化遺産は申請項目の技術面での要求だけでなく、その調理方法や食べるというプロセスにおける人と人との感情的な交流がより多く要求される。また、申請する項目が民族の精神的な内包やある地域の人的・文化的な感情を反映するものでなければならない。例えば韓国のキムチの申請内容では、その調理技術は全体のおよそ3分の1のみで、キムチの背後にある人的・文化的価値をより強調していた」とした。

さらに、華中師範大学国家文化産業研究センターの于干千教授も、「無形文化遺産リスト入りを果たした飲食関係の項目はいずれもシンプルな一つの料理だったり、ある種の調理技法ということはなく、その背後にあるもの、つまりその飲食のもつ文化や伝統に関する内容がより多かった」とした。

そして于教授は、「メキシコの伝統料理がリスト入りを果たした最も大きな理由は、メキシコの伝統料理がミチョアカン州のコミュニティーにおいて先祖代々受け継がれ、現在も進行中の社会文化を形成し、メキシコの伝統料理に関連する風習や風俗、知識が異なるグループの共通したシンボルとなっている点だ。同様に、トルコのケシケキの伝統は中国の無形文化遺産の観点からすると全く箸にも棒にもかからないレベルだが、このシンプルな料理は民族の文化や民族の精神といった内容を反映しており、主に農村などで食されるこの飲食文化が国全体で広く認められ、継承されている点からリスト入りを果たしている」と分析している。

于教授は、「中国料理はユネスコの無形文化遺産の基準を満たしているが、現在問題なのは、中国国内の重要項目として組み込まれていない点だ」とし、無形文化遺産の申請は、世界のいずれの国においても、国を挙げて進めているという点を指摘した。中国国内においても、他の無形文化遺産申請は基本的に政府が主体となって進められているが、グルメ分野に関しては、その多くが業界の協会や民間組織が主体となり進めているという。辺副会長は、「申請作業を推し進めていくため、中国料理の申請作業を早急に国の戦略項目に組み入れてほしい」とし、国が重視してこそ、中国料理の世界無形遺産申請業務も真の意味で一歩踏み出すことができるとしている。(提供/人民網日本語版・編集/TG)