音が出せない場所でもこれで安心!「サウンドの視覚的通知」でメールを見逃さない



家の中では通知音を出す設定にしていても、外出先では迷惑にならないようミュートにして、音を出さないようにしているという人は多いかと思います。しかし、ミュートにしていると大事なメールなどの通知を逃してしまうことも……。

もちろんバナーなどによる通知機能もありますが、手元の資料を見ている間に消えてしまって気づかなかった、というケースも多いでしょう。このように、音を出せない状態でおすすめなのが、通知音を視覚的に置き換えてくれる「サウンドの視覚的通知」機能です。

この機能を使うには、「設定」の「簡単操作」を開き、「その他のオプション」をクリック。あとは「サウンドの視覚的通知」の設定を、3つの点滅パターンから選ぶだけです。画面から目を離していることが多いなら「画面全体を点滅させる」、ほかの作業をしながら通知に気づきたいなら「アクティブウィンドウを点滅させる」、あまり目立たずそっと通知するなら「アクティブなタイトルバーを点滅させる」を選ぶといいでしょう。

この機能を使うと、通知音が鳴った瞬間に画面が1秒ほど反転します。画面が視界に入ってさえいれば気づきますので、別のことをしながらでも高確率で気づけるはず!



▲まずは通知音を出すようにアプリ側を設定。例えば「メール」であれば、「音を鳴らす」にチェックを入れます。



▲「設定」から「簡単操作」を開き、「その他のオプション」を選択。「サウンドの視覚的通知」を変更します。ここでは「画面全体を点滅させる」を選んでみました。



▲通知があると、このように画面全体が約1秒反転します。点滅が繰り返されたりはしませんが、ここまで派手に変わると画面が視界にはいってさえいれば気づけます。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技

その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

関連記事



Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ