「Jeep」のコンパクトSUV「Compass(コンパス)」は、日本導入時はFFに限定するという思い切った戦略で低価格(現在は307万8000円〜)を実現した都市型SUVです。現在は4WDモデルも導入されていて、4WDは329万4000円〜という価格設定になっています。

1

2017年4月15日から4WDモデルをベースにした「Jeep Compass North(ジープ・コンパスノース)」が100台限定で発売されます。

「ジープ・コンパスノース」は、アウトドアやアクティビティなどを年間通して楽しむのに最適の4×4(4WD)仕様をベースに、専用の17インチアルミホイール、スペアタイヤ、専用のハードタイプバッジが専用装備されたほか、通気性に優れたスポーツメッシュのファブリックシートを特別装備。

さらに、ナビやリヤビューカメラ、ETC車載器といった人気の高いアクセサリーも搭載されています。こうした豊富なアイテムを装備しながら、通常の4WD「コンパス・リミテッド(356万4000円)」より約16万円安い、お買い得感のある価格設定が魅力。

搭載されるエンジンは、2.4Lの直列4気筒DOHCで6ATとの組み合わせ。170ps/220Nmというアウトプットで、シーンを問わず不足のない動力性能を確保するのと同時に、ハイオクではなくレギュラーガソリンを指定しています。

ボディカラーはブラックが80台、ブライトホワイトが20台。価格は340万2000円です。

(塚田勝弘)

人気のアイテムを装備しながら価格を抑えたジープ・コンパスの限定車「Jeep Compass North」(http://clicccar.com/2017/03/31/459002/)