ロマンチックな気分が高まる、春のデートといえばお花見♡ 彼氏や気になる男子と桜を見に行くのを楽しみにしている人も多いですよね! でも、酔っ払いだらけでうるさい場所だとせっかくのムードがぶちこわし……なんてことも。今回は、下見なしで確実に酔っぱらいを避けられる裏ワザをご紹介します!

飲酒禁止な公園なら大丈夫!



ずばり、お花見で酔っ払いに遭遇したくない人は、飲酒禁止や宴会禁止の公園を選んじゃうのが正解! 酔っ払いの多い・少ないとか、うるささや混み具合って、行ってみた人の印象にもよりますし、その日の運でも違ってきます。でも、最初から宴会自体が禁止な公園に行っちゃえば、確実に大騒ぎしてる人がいない場所でお花見を楽しむことができるのです!

中でも、都内で特におすすめなのが、飲酒禁止&入場料がちょっとだけかかる公園。ほんの200〜300円の出費だけのことですが、“タダ”で入れる公園がたくさんある中で、わざわざそこを選んだ人ばかりがいる空間では、みんなが桜を落ち着いて楽しもうとしているので雰囲気がよくておすすめです♡



おすすめな公園1. 新宿御苑
東京メトロ丸の内線「新宿御苑前」駅から徒歩5分、各線「新宿」駅からも徒歩10分とアクセスがとっても便利な『新宿御苑』。中に入ると、新宿にあるとは思えないほど緑がいっぱいで広々とした公園になっています。気持ちがいい芝生が広がっているので、レジャーシートを持参して、ピクニック気分を楽しむのがおすすめです♡

新宿御苑
住所:東京都新宿区内藤町11
TEL:03-3341-1461
開園時間:9時〜16時
一般入場料:200円
新宿御苑


おすすめな公園2. 六義園(りくぎえん)
「駒込駅」から徒歩7分、「千石」駅から徒歩10分と23区内で便利な場所にある『六義園』。六義園の見どころは、門を入ってすぐのところにあるしだれ桜です。敷地内は和の庭園になっていて、さまざまな種類の春の花を一緒に楽しめます。ところどころにあるベンチや「さくら茶屋」で、一息入れることもできますよ♪

また、3月16日(木)〜4月2日(日)の期間は9時〜21時まで営業、日没後はライトアップもあるそうです♡

六義園
住所:東京都文京区本駒込六丁目
開園時間:9時〜17時
一般入場料:300円
六義園




恋人未満なお花見デートに弾みをつけるコツ


お花見デートに行ったら、キレイな桜を撮ったりと、彼も自分のスマホで何かと撮影することってあると思います。付き合う前の関係だったら、桜の前で女の子一人の写真を彼が撮ってくれることもありますよね! 

撮影タイムにはぜひその流れで、セルフィーに持ち込みましょう♡ 「一緒に撮ろう!」と、すごく普通のことみたいにサラッと言っちゃえばOKです。たいていの男子なら写真くらいのってくれるはず! 二人でセルフィーを撮り始めれば、自然な流れでギューっとくっつくことができます。
また、通りすがりの人に撮ってもらうのもおすすめ! 他の人から“カップル”として扱われる機会を作ることで、彼の「その気」を高めることができますよ♡

カップルでのお花見は、やっぱりムードが大事! ご紹介したポイントを活かして、二人っきりのラブラブな雰囲気を盛り上げてみましょう♡
(由井妙)