心の底にある“ケガレ”は、どうやったら祓えるのか。


 作家の井沢元彦氏の指摘で興味深いものがある。日本人の誰もが信じている宗教は“ケガレ”だと。

 たとえば、どれだけ高級な塗り箸であろうと「これは俺が10年来愛用してきたものだ。記念にこれをやろう」と言われても、使う気はしないだろう。そのオッサンの唾液がベットリついているイメージがつきまとうからだ。

 塗り箸は、きれいに洗えばもちろん唾液が残るはずがない。科学的に見れば衛生的な箸でも、その箸先に唾液が付着したイメージを払うことは難しかろう。これが日本人に特徴的な感性、ケガレだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

豊洲市場とケガレ

 豊洲市場の移転問題も、このケガレ思想から見ると理解ができる。

 私も、豊洲市場で魚を取り扱うことは、科学的には特に問題ないと考えている。汚染が残る地下水を利用するわけでもないし。だから安全なだけでなく、安心してもよい。しかし基準値の100倍ものベンゼンが検出されたということで、移転が進まなくなっている。なぜか。ケガレてしまったと感じるからだ。

「うちのジュースのタンクには1万トンあたり1本の陰毛が確実に混じります。除去していますから安心ですし、そもそも陰毛が健康に害でないことは科学的にも明らかです」と明言されて、そのジュースを飲む気がするだろうか? 安全で安心なのに。飲む気がしないのは、ケガレをそこに感じてしまうからだ。

 中国で缶詰工場を立ち上げた日本企業は、髪の毛1本入ってもダメだということを中国人従業員に教えることにとても苦労したそうだ。「髪が入ってても取り除けばいいだけの話じゃないか。そもそも危険性もないのだし」という中国人スタッフの抗弁は、まったくもって科学的で正論だ。だからなかなか改善されず、結局、混入なしが続けばボーナス、と利益で釣ることでようやく髪の毛が入らなくなったそうだ。

 日本人は違う。缶詰の中に髪の毛が入っているのに気がつくと、缶詰の中身すべてが汚染されたような気がして食べる気がしなくなる。まったく科学的でないし、食べても問題がないことを日本人も知っている。しかし食べられない。ケガレてしまったと感じるからだ。

 豊洲市場の問題が厄介なのも、恐らく日本人に深く根を下ろすこのケガレ思想が絡むからだ。

 地下水にベンゼンが検出されたからといって、コンクリートで隔てられた商品の魚に移るはずもない。しかし、ベンゼンで市場がケガサレてしまったように日本人は感じるのだ。市場関係者が心配するのもそこ。消費者が買ってくれなくなるのでは、市場を移転した意味がなくなってしまう。

 覆土をしなかったのは痛かったように思う。もし盛り土していたら「ケガレを封印」する心理的効果があっただろう。コンクリートではケガレを遮断できる気がしないのは、理屈からいっておかしいのだが、土壌だといろんな物質を浄化する「祓い」の心理的効果があるというのは否めない。

ケガレの祓い方

 仮に豊洲市場に思いきって移転しても、これほどいろいろ問題が噴出したあとでは、「お祓い」に相当する心理的な何かが必要かもしれない。そのヒントになる個人的体験が、阪神大震災であった。

 阪神大震災は冬で寒いこともあり、全国から毛布の救援物資が送られてきた。そのうちの1つに「これは新品ではなくて申し訳ないのですが、気持ちよく使っていただけるよう、3日間日に当てて干したものです。こんなものでもよろしければご活用ください」。そんな手紙が同封されたこの毛布は人気があり、新品よりも先になくなった。

 新品の毛布と違い、誰かが使った毛布は「ケガレ」を感じやすい。実際、救援物資の中には明らかに中古と思われる汚れたものも多かった。そういうのは被災者にも大変不評だった。しかし真心こめて日に干した毛布は、中古なのに新品よりも人気があった。ケガレを払って余りある「温もり」を感じたからだろう。

 ならば、豊洲市場のケガレを祓う方法が1つある。今回の問題に関係した人たち全員で、心をこめてあの地下空間を清掃するのだ。あのカビ臭そうな、暗い空間を、きれいに、心をこめて。知事や元知事もぜひ参加するとよい。すると、日本の消費者が感じてしまったケガレが祓われるかもしれない。

 ケガレ思想は、少なくとも平安時代にはあった、古くから日本人に染み付いた感覚で、これを科学的な説明だけで、いったん感じてしまったケガレを取り除くことは難しい。『サピエンス全史』の著者の言葉を借りれば、ケガレ思想は、日本人が共有する「虚構」だ。しかもかなり強固な虚構だ。

 日本には、食べ物を地面に落としても3秒以内なら大丈夫という科学的根拠のない子ども社会で通じるルール(?)がある。エンガチョを切ったり、大阪の子供だとバリアを被ったり。これらは、子供の頃からケガレ思想とどう向き合うかを訓練しているようなものだ。ケガレ思想はいじめとも密接に絡む、厄介な宗教だ。

 日本人はケガレ思想といつか向き合い、解決しないと、いじめ問題は終息しないだろう。「気色悪い」といじめるのも、ケガレ思想だ。こういう問題があるから、ケガレ思想はあまり好ましいものではないと私は考えている。しかし、豊洲市場の問題は喫緊の問題だから、ケガレ思想を脱却するのでは間に合わない。

 だからこその清掃だ。知事、元知事を筆頭に、都の職員、場合によっては市場関係者で、ともかくたくさんの人で心をこめて清掃する。テレビにも中継してもらうとよいだろう。かび臭そうな暗い空間が、明るく温もりのある空間に変わったのを見れば、科学的数値を凌駕する心理的効果を見せるかもしれない。

ケガレ転じて・・・

 心をこめることにより、ケガレが転じて神々しさになる事例は結構ある。映画『おくりびと』の原点となった『納棺夫日記』が好例。遺体を洗って納棺するという仕事自体にケガレを感じる人は多かった。

『納棺夫日記』の著者は、常にきれいな白衣を着て、心をこめてご遺体と向き合うようになった。するとお坊さんでもないのに自分のことを拝んでくれる人が出てきたり、「私が死んだら、あなたにやってもらえんだろうか」と頼まれるようになった。

 心をこめると、ケガレが転じて神々しささえ帯びるようになるのだ。

 これと似た話が、「エンゼルメイク」にもある。病院の遺体安置所にあるご遺体に化粧を施すのは看護婦(女性の看護士)の当番だった。ある看護婦が当番になったところ、使う化粧品と言えば折れた口紅、残りカスのファンデーション。

「これではあまりにも亡くなられた方が可哀想だ」と一念発起、自腹で様々な化粧品を買い、遺体の肌にも合う化粧品を探すようになった。すると、亡くなった遺族の方が「元気だった頃のよう」と涙を流して喜んでくれるようになり、単に死に化粧と呼ばれていたこの当番の仕事はやがてエンゼルメイクと呼ばれるようになり、全国から研修を受けに来る尊い仕事の1つになった。

 ケガレは、心をこめるとネガティブなイメージ(陰)がポジティブ(陽)に転じる。まったくもって科学的な話ではないが、ケガレに敏感な日本人の心理にピタッとはまる対応策になるようだ。

 日本人はケガレ思想を(現時点では)信じている生き物だ。その出発点に立つと、豊洲市場の問題も心理学的アプローチから、解決の糸口がつかめるのではないかという予感がしている。

筆者:篠原 信