[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

“農業×IoT”の取り組みを表彰するアワード

PSソリューションズは、2017年2月23日より応募を開始していた「第1回農業IoTアワード」について選考を終了しノミネートされた9団体を紹介。そのグランプリを決定する「第1回農業IoTアワード表彰式」を開催した。

ノミネートされた9団体は以下の通り。

JA栗っこ
GRA
テザミス(伊藤忠飼料)
テラスマイル
北海道士幌高等学校
宮崎県立農業大学校
ヤマタネ
京都府与謝野街
Listenfield

当日は上記の9団体によるプレゼンテーションを実施。審査の結果、宮城県山元町でいちご農家を営むGRAにグランプリが贈られた。

グランプリを受賞したGRAの橋元洋平氏(右)


GRAの発表は同社の橋元洋平氏が担当。同社の取り組みについて紹介された。山元町はもともといちご農家が130件あるなど多かったのだが、東日本大震災の時に、いちごハウスの95%が津波にのみ込まれるという被害を受けた。この影響もあって、6年間で20%以上の人口が流出したそうだ。

GRAは2011年の秋から3人で手作りのハウスを作り、いちごの生産を開始。2012年の1月には初収穫を迎えた。その際にはITを導入した最先端のいちご栽培へ転換した。同社が何をしたかというと、「匠の技」の定量化をしてIoTを活用すること。同社のベテランからは「15年俺の背中を見たら、いちご作りができるようになる」といわれたそうだが、「そんな時間はかけていられない」と橋元氏。そこで温度や湿度、日射、CO2といったデータを把握しながら、植物の生育に適した環境を作り上げてきた。

GRAの人たち


IoTを活用してデータを収集


こうした取り組みにより「ミガキイチゴ」が誕生。1粒1000円もする高品質のいちご栽培に成功した。それ以外にもスパークリングワインなどの商品も作ったそうだ。

現在同社は、インドも含めて6圃場を展開中。環境制御を導入してネットワーク化し、より最適な栽培方法の開発に取り組んでいるのだとか。

高級ブランド「ミガキイチゴ」などの製品を創出


現在は6圃場を運営している


なお新規で就農したいというニーズに応えるため、映像を使っての研修も行っている。そのビデオを見ながらベテランと新人が熱く議論を戦わせているとのことだが、これまでは暗黙知であったものが、映像化することでどういうことを伝えたいのか、どういうことを言ったらいいのかが分かるようになったそうだ。「現場だけでなく映像で振り返ることができる。リークタイムを短くして、営農サイクルを早くすることにも取り組んでいる」(橋元氏)。

これまで同社は研修から栽培までにITを活用してきたのだが、「今後は収穫のところで、どのような商品がどのくらい収量が取れている といったデータも読み取れるようにしたい」と橋元氏。それを元に販売へつなげる取り組みをしていくとのこと。「新規就農の方にもこのようなIT活用を取り入れてもらい、大きなデータを元に最適化した栽培につなげていきたい」(橋元氏)。

GRAのITに対する取り組み


ダチョウ倶楽部の3名もお祝いに駆けつけた

表彰が終了したあとは、「農業大好き、ダチョウ倶楽部です!」のかけ声とともに3名が登場。発表を聞いていたそうだが、「高校生までいるのがすごい」と肥後克広さん。タキシード姿で登場した3名だが、それを聞かれて「リアクション芸ですからこういう場ならちゃんとしないとね」と話す肥後さんだが、上島竜平さんに対して「後ろは裸ってことはないよな」と突っ込み。

おなじみの「やー」で登場した、左から寺門ジモンさん、肥後克広さん、上島竜平さん


IoTについて肥後さんは、上島さんと寺門ジモンさんに「私は分かりますけどね、こいつら2人はバカですから」と言い出す。その突っ込みをしたときに思わず上島さんの帽子が飛んだのだが、そこでお約束の「くるりんぱ」が出るなど、さすがの芸風だ。

くるりんぱ


今回のアワードについて一通り説明を受けると、寺門さんは突然「皆さんのケースを真似して、農家に転身しますよ。世界中の食べ物と知識を生かして」と言い出す。それに対して上島さんが「いい加減なこと言い過ぎなんだよ。農家に転身するなんて勝手なこと言ってどうすんだバカヤロウ」とケンカに。そしてケンカをしながらどんどん近寄っていく2人。あれ? これは……と思ったらやっぱり……。

ケンカをしながらどんどん近寄っていくが……


やっぱりそれですか


ここでダチョウ倶楽部の3人が農業をするなら何を作るか、といわれて肥後さんは「沖縄出身ですから、ゴーヤとかサトウキビ畑を作って、IoTの力で、みんなで何かやりたいですね」とコメント。寺門さんは「京野菜ってあるじゃないですか。京都だけじゃなくて、各県にあると思うんですよ。そこでしか取れないものが。堅固とのブランドの野菜を作っていきたいですね」と語る。そして最後に「キャベツですかね」と上島さんが答えるが、メンバーから「え?」と突っ込まれてしまう。「春キャベツもいいね。小さい芽キャベツも」と言う上島さんに「もうキャベツの話はいいよ!」と肥後さん。

第1回のゲストに呼ばれたダチョウ倶楽部だが、「何回もやってほしいですね。我々もその都度ゲストで呼ばれて」と肥後さん。来年はゲストに呼ばれるのか、期待しておこう。

筆者:Koichi Imafuji