東芝・巨額損失問題、半導体分社化を決定(ロイター/アフロ)

写真拡大

 言葉にならない怒号が響いたのは、会社側の説明が終わり、正面のスクリーンに「人と、地球の、明日のために」というキャッチフレーズが大きく映し出された時だ。

「静粛にお願いいたします。質問は後ほど受け付けます」

 株主総会議長を務める綱川智・東芝社長は冷静を保とうとしていたが、わずかに言葉は震えていた。

 30日午前10時より、幕張メッセの幕張イベントホールで、東芝の臨時株主総会が開かれた。株主総数39万7849名のうち、1343名が出席した。崖っぷちに立った東芝をなんとかしようと、メモリ部門を分社化することを決議することが総会の目的であった。だが、経営悪化の原因であった米子会社ウエスチングハウス(WH)について、日本の民事再生法に当たる米連邦破産法11条の適用を米連邦破産裁判所に申請したことが前日には発表されており、多くの時間はその説明に費やされた。

 アメリカの同時多発テロの発生や、東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故によって、原発により安全性が求められることになり、そのことによって損失が生じたという説明は、経営陣としての責任が感じられないという株主たちの不満を鬱積させた。

 質疑応答の時間になると、いきなり株主からは「動議!」の叫びが上がる。

 その声は無視され、綱川議長は別の株主を指名した。原子力事業についての質問だ。成毛康雄副社長が答える。WH買収は失敗だったのかという質問に、「福島第1原発の事故などの影響が遠因で、買収は過ちではない」、今後の原子力事業はどうなるのかという質問には、「海外原子力事業のリスクを少なくして、国内の原子力事業で責任を果たしていく」というお決まりの答えだ。

 会場のあちこちから、叫びが聞こえる。綱川議長が言う。

「ご発言は議長の指名を受けてからにしてください。質問を希望される方は、うちわを上げてください。質問はお1人様につき1問2分以内でお願いします」

 株主からは「動議だよ。動議だって言ってんだろ!」という叫びが飛ぶ。

「ご静粛にお願いします」と綱川議長は言い、他の株主を指す。「福島第1原発事故に関して、東芝はなぜ、原子力災害対策特別措置法による損害賠償の請求をしないのか」という質問だ。畠澤守常務の答えは、「違反している当事者ではないので、回答は難しい」というものだった。

●議事進行に対する動議

 その後も「動議!」の声が飛び、綱川議長はその株主を指名する。

「名門の東芝が破綻してるんだ。徹底的に株主の声を聞くべきで、1人1問2分なんてルールはやめにしてほしい」

 会場からは「そうだ!」「その通り!」というの声が上がる。

「だいたい、原子力をずっとやってきた(執行役の)志賀重範さんが健康上の理由で来られないなんて、話にならないじゃないか。昨年の株主総会ではWHとメモリが柱だって言ってたのに、いきなり7000億円の損失ってどういうことなんだ。粉飾以外の何物でもないじゃないか」

「簡潔にお願いします」と、綱川議長。

「だから、2分以内なんてルールはやめにしようよ。これは議事進行に対する動議です」

「誠意を持って、できるだけ多くの意見をお聞きしたいと思います」

 綱川議長はそう言って、動議に関する賛否は問わず、別の株主を指名した。

「安倍政権が働き方改革を呼びかけているが、東芝は民主政治ではなく専制政治であり、上の言うことには法律違反でも逆らえず、平然と首切りが行われている。見せしめのために仕事を取り上げ反省文を一日中書かせ、解雇した。団体交渉を一方的に打ち切るのはひどすぎる」

 牛尾文昭専務の答えは「東芝総合人材開発株式会社で解雇の撤回について交渉していると認識しているので、回答は差し控えさせていただく」というもの。グループ会社のことなので、関係ないということか。

 原子力事業や、これから中軸に据えるという社会インフラ部門への質問などが続くが、回答はお決まりのものだ。再び「動議!」の声が上がり、綱川議長が指名する。

「先ほどの方が提起した動議を取り上げなかった議長を、解任する動議を提出したい。1人1問2分というのは、とんでもないルールだ」

「3問の質問をされた方もいますし、適切に対応しています。私を議長から解任するという動議には反対ですが、皆さんいかがですが」(網川議長)

 会場からは「反対!」と声が上がる。

「反対が多数と認め、ただいまの動議を否決します」(網川議長)

 会場からは怒号が飛んだ。

●経営幹部への退陣要求

 株主からは、厳しい批判の声が続く。

「海外でも東芝の失態は報道されていて、世界中の笑いものになっている。あんたらは無能な経営陣だ」

「東芝はものづくりの会社だということを忘れないでほしい。WHの買収なんて、人のふんどしで相撲を取るようなことを考えるから、こんなことになる。従業員が路頭に迷わないようにちゃんとやってほしい」

「経営幹部の退陣を要求する」

「うちわにはリーディングイノベーションと書いてあるが、実際にはリーディングウソベーションじゃないか。志賀が健康上の理由で来られないなんて、ただかくまってるだけじゃないのか。杓子定規の答弁ばかりだし、ウソの体質が染みついた信用できない会社に、東芝はなっている。東芝の社員は超一流だが、幹部はクズだ!」

「本当に志賀が健康上の理由で来られないというのだったら、診断書でもスクリーンに映して欲しい」

 こうした批判に綱川議長は、「ウソのない体質ということを胸に刻んで参りたいと思います」「ご批判を心にとめて経営を進めて参ります」と、定型文のような答えを返していく。

 批判はやむことなく、株主総会は3時間半におよんだ。

「銀行からの融資の条件が社長の辞任だったら、あるいは今日の議決の賛成する条件が社長の辞任だったら、あなたは社長を辞めますか?」

 株主からの最後の質問に、「仮定の質問には答えられません」と綱川議長は言った。

 メモリ部門を分社化する決議は可決された。大企業は他社とお互いに大量の株を持ち合っていて、会社提案が否決されることは、ほとんどない。
(文=深笛義也/ライター)