紅一点のヒロインに決定した芳根京子

写真拡大

 NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」(4月1日終了)のヒロインとして注目を浴びた芳根京子が、長谷川博己&岡田将生主演の連続テレビドラマ「小さな巨人」(TBS系)に出演することが決定した。前作から一転、警視庁と所轄の確執や警察内部の戦いを描く骨太なドラマで、芳根は警視庁の新任職員として初の社会人役に挑む。芳根は「自分にとってまた新たな大きな挑戦になりますが精一杯頑張ります! また、警察が舞台の男っぽいドラマで女性のキャストが少ないですが、その分、祐里がちゃんと輝けるようにしっかり向き合っていきたい」と意気込みを語っている。

 ノンキャリ最高峰のポジションで、捜査に関する全権力を掌握する現場指揮官・捜査一課長を目指して邁進するも、ささいなミスから所轄に左遷させられた香坂(長谷川)、香坂と同じく捜査一課長の座を狙う東大出身のエリート・山田(岡田)、彼らの行く先を左右する現捜査一課長・小野田(香川照之)らを通し、「警察」という絶対的な階級社会の内幕を描く本作。

 芳根が演じるのは、香坂、山田らの将来を握る人事課に配属された新米職員・祐里。警察犬のブリーダーに憧れて警視庁に入庁するも志望と異なる課に配属された祐里は、プロデューサーが取材する中で出会った実在の人物をモデルに作られたキャラクターだという。

 祐里は業務をこなす中で優秀な刑事と出世をする刑事は別物であることや普段は勇猛果敢な警察官たちが人事に関心を持っていることを学び、警察内部の人事情報に精通することである決意をするのだが、その決意がこの物語を左右していく……。長谷川、岡田、香川のほか、香坂の異動先の所轄で同僚となる叩き上げの刑事にふんする安田顕、所轄署長役の春風亭昇太ら実力派がズラリと並ぶなか、紅一点、キーパーソンに挑む芳根の新境地に期待したい。(編集部・石井百合子)

日曜劇場「小さな巨人」は4月16日より毎週日曜、よる9時放送(初回は25分拡大版)