FWでのプレーやタイトル獲得など、経験値を挙げた昨季を経て、土居は「心技体すべてにおいて、確実にレベルが上がっている」と確かな自信を口にする。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 今でも記憶を辿るたびに、思わず頬が緩んでしまう。
 
 あれは、チャンピオンシップの決勝第1戦の試合後だったから、2016年11月29日のことだ。ミックスゾーンに現われた土居聖真は、筆者を見つけるやいなや、こう言って歩み寄ってきた。
 
「AAAが足りないかも〜。もっと、たくさん曲を聞けば、もっと活躍できるかも」
 
 第2戦があるとはいえ、0-1で浦和に敗れた試合直後のことである。いつもの土居ならば、敗戦後はうつむきがちに頭を下げ、反省の弁ばかりを口にするだけに、緊迫した面持ちで待ち構えていたこちらのほうが拍子抜けしてしまった。
 
『AAA』は土居が好きなアーティストだが、その曲を聴き、さらにエネルギーをもらいたいと話す。「まだ試合は半分が終わっただけだから」と言わんばかりの表情からは、決勝第2戦への自信を感じるとともに、精神的に逞しくなったなと、妙に頷いてしまった。
 
 かつてはミックスゾーンで話し込めば、「相手を威圧するくらいの気持ちで戦っています」「巧い選手ではなく怖い選手になりたい」と、気持ちの部分を訴えることの多かった彼だが、今やメンタル面について口にすることはほとんどなくなった。
 
「以前は試合でミスが続いたら、もうパスを受けたくないと思ってしまうような時もありましたけど、今はたとえミスをしたとしても、オレにボールを寄こせ、寄こせって思う。結局、サッカーってミスが起きるスポーツですからね」
 
 その後の鹿島の躍進は、今さら説明する必要はないだろう。そして土居に感じた頼もしさは、J1王者として迎える今シーズンも変わらない。
 
 3-2で浦和に勝利したゼロックススーパーカップの試合後には「試合に勝利することが、このチームの絶対条件」と話し、1-0で勝利を掴んだJ1第3節の横浜戦後は「まずは失点しないことが大事。そのうえで先制点が重要だと思った」と語るなど、自信があるからこそ、自分についてではなく、チームを意識したコメントが増えている。
 
 そうしたなか、昨季は2トップとサイドハーフを兼務していた土居は、今季は左のサイドハーフを主戦場に奮闘を続けている。

【PHOTO】クラブW杯を彩る美女サポーターたち♥

 
「プロになったばかりの頃にはSBも経験しましたし、昨季はFWでプレーしていたから、相手のサイドハーフやSBが嫌がるプレーが分かる。それに去年、J1チャンピオンになったり、クラブワールドカップを経験したことで、心技体すべてにおいて、確実にレベルが上がっていると実感できている。身体も動くし、頭も動く。サッカーIQが上がった気がします」
 
 揺るぎない自信があるからこそ、自分自身の強みに対しても明確だ。
 
「FWだと、ゴールに背を向けた状態でプレーがスタートすることが多くなるけど、サイドでは前を向いた状態でボールを受けることができる。DFを背負って(ゴールに)向き直すのではなく、最初から前を向いてプレーできることは、自分の強みを活かせると思っています」
 
 本人が語るその強みが遺憾なく発揮されたのが、J1第4節の清水戦だった。2-2で迎えた84分、金崎夢生とのワンツーで攻撃のテンポアップを図った土居は、左サイド前方に走る金崎へ再びパスを送る。
 
 そして自身はペナルティエリア内に進入すると、金崎からのリターンに合わせて一気に加速。ワンタッチで目の前のDFを置き去りにすると、レオ・シルバにラストパスを折り返す。
 
 一連の流れで得たCKから金崎が得点し、鹿島は3-2で逆転勝利。金崎の決勝弾もさることながら、何より、きっかけを作った土居の突破に心底、痺れた。
 
「確実に相手の急所を突けるような選手になっていきたい。ペドロ(・ジュニオール)をはじめ、今季は新加入選手も多く加わったから、チームとしてお互いの特徴を把握している段階だけど、オレからしたら、すでに急所を突けるところまではきている。
 
(パスが来ないのは)それをまだ、チームとして見られるところまで極められていないだけ。自分の中ではチクチクっと針は刺している。あとはパスさえくれば、ブス!っとね」
 
 土居には確かな感触がある。試合を重ねるたびに、ゴール前に顔を出す機会も、シュートを打つ回数も増えている。
 
 蝶のように舞い、蜂のように刺す--―ゴールという最後のひと刺しまであと一歩である。
 
取材・文:原田大輔(SCエディトリアル)