大平貴之・大平技研代表取締役/プラネタリウム・クリエーター Photo by Yoshihisa Wada

写真拡大

 大平貴之のプラネタリウム作りは10歳(小学4年生)のときに始まった。以来、プラネタリウム開発の第一人者となった今も「多くの人たちに自作の星空を見てもらいたい」という思いは全く変わっていない。

 理科や工作が大好き。その代わり、整理整頓などはからきし苦手。そんな風変わりな大平少年はある日、文房具店で小瓶に入った夜光塗料を目にする。暗闇で光る液体に興味津々、早速小遣いで買い求めた。あれこれ試みながら、その液体を塗った紙を小円形に切り取り、7畳ほどの自分の部屋の壁に貼ってみた。有名なオリオン座の並びを再現できるように、である。

 夜光塗料のオリオン座は思いの外奇麗だった。さらに大犬座、双子座……と壁に貼り付けていき、最終的には1000個ほどの星々を作り上げた。

 両親、親戚、それに担任の先生や友人なども、この自作プラネタリウムに招待。木の棒を使い、解説も披露すると、観客は皆「すごいね」と拍手し、褒めてくれた。

 大平少年はプラネタリウムを自作し、喜んでもらう魅力にまさに取りつかれたのである。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)