アップアップガールズ(仮)の佐保明梨が、東京・初台 the DOORSで初のソロライブ「Change & Destroy」を行った

写真拡大

アップアップガールズ(仮)の佐保明梨が3月29日、東京・初台the DOORSで初のソロライブ「Change & Destroy」を開催した。

【写真を見る】佐保ちゃん、(2)に担がれる??

アプガのメンバーがソロライブを行うのは今回が初めてで、歌唱力が高く評価されている佐保にとっては大きなチャレンジに。また、アプガの妹グループとして先日結成されたアップアップガールズ(2)(読み:あっぷあっぷがーるずかっこにき)もバックダンサーとして出演し、佐保のソロステージに華を添えた。

ライブは、エレクトロニック・シンガー・ソングライター・fu_mouの楽曲で、佐保のソロ曲としても発表された「Abyssal Drop」でスタート。白と黒を基調としたドレス姿の佐保は感情を込めた歌を聴かせ、映像作家・ホンマカズキのVJと合わせてクールなムードを醸し出していく。

「青春の涙」では、(2)の橋村里子、吉川茉優、高萩千夏、鍛治島彩による溌剌としたダンスが、エモーショナルな佐保のボーカルをバックアップした。

ライブ中盤では佐保のソロ新曲で、強い意志を感じさせる大人っぽい歌詞を、力強さと艶やかさのあるボーカルで歌うバウンシーなミディアムチューン「Show Time」を初披露。普段のアプガでは聴くことができない楽曲で、ダンスでもしなやかでセクシーさを感じさせる。

ライブ本編のラストは、もう1曲のソロ新曲「My World」を歌唱。音楽を届ける思いが込められた歌詞を、きらびやかなメロディで歌うミッドテンポのナンバーで、伸びやかな佐保のボーカルに会場は拍手に包まれた。

その後、観客から“あかり!”のアンコールが送られ、佐保が再びステージに登場。「1人で1本のライブをやるのは初めての挑戦で、不安も緊張もあったんですけど、私はライブが大好きなんです。特に、(東京)日本武道館を終えた後、もっといろんな曲を歌ってみたい、もっと新しい挑戦をしたいなって気持ちがあふれ出ていて、今回ソロライブに挑戦できて嬉しかったです」と語る。

続けて、「これから、もっといろんなことに挑戦したいし、アプガの佐保明梨とはまた違った部分ももっと出していけたらいいなと思います。そうやっていろんな自分を見付けて、それをアプガに戻った時に出していけたらいいなと思っているので、またソロライブをやりたいなと思いました」と話した。

さらに、「今、メンバーの古川小夏ちゃんも舞台『HOTEL 死界覚』の初日をやってるんです。メンバーが違う場所で頑張っていて、それぞれが得てきたものを4月16日(日)に東京・新宿BLAZEから始まるツアー『アップアップガールズ(仮)∞ Lives Change & Evolution』でパーンとぶつけたら、またアプガとしてレベルアップできると思うので、皆さん春ツアーに遊びに来てください!」と呼び掛ける。

そして、最後は(2)メンバーもマイクを持ち、5人で「アッパーカット!」を熱唱。会場の熱気を一気に上げて、佐保の初ソロライブは締めくくられた。