韓国・ソウルのソウル中央地裁を後にする朴槿恵前大統領(2017年3月30日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】収賄や職権乱用の容疑で逮捕状を請求された韓国の朴槿恵(パク・クネ、Park Geun-Hye)前大統領が30日、ソウル中央地裁(Seoul Central District Court)で行われた審査を終え、裁判所を出た。

 逮捕されるべきか否かをめぐり、およそ9時間におよんだ審問に出席し、到着時と同様、厳しい表情で裁判所を後にした朴氏は、報道陣が浴びせかける質問に応じず、話をすることはなかった。朴氏は検察庁舎へと向かい、そこで地裁の決定を待つこととなる。決定は30日夜か、翌日未明までかかる見通しとなっている。
【翻訳編集】AFPBB News