30日、韓国・聯合ニュースなどによると、行方の分からなくなっていた小学女児の遺体が、マンション屋上で傷つけられた状態で見つかるというショッキングな事件が韓国で起こった。写真は韓国のパトカー。

写真拡大

2017年3月30日、韓国・聯合ニュースなどによると、行方の分からなくなっていた小学女児の遺体が、マンション屋上で傷つけられた状態で見つかるというショッキングな事件が韓国で起こった。事件の容疑者として緊急逮捕されたのが、被害女児の近くに住む10代の少女であったことから、さらなる衝撃が広がっている。

ソウルに近い都市・仁川(インチョン)の延壽(ヨンス)警察署は30日、殺人・死体遺棄の容疑で女A(17)を緊急逮捕し取り調べていることを明らかにした。Aは29日昼過ぎ、延壽区内の公園で遊んでいた小学2年のBさん(8)に「スマートフォンを貸してあげる」などと声を掛け近くの自宅に誘い、凶器で殺害した疑いが持たれている。

Bさんの両親は、遊びに行くと言って家を出た娘が帰宅しないため午後4時30分ごろに警察に届け出た。警察は公園近くの防犯カメラの映像を確認しAを容疑者と特定、午後10時30分ごろ、自宅近くにいたAを緊急逮捕した。

一方、Bさんの遺体はAの自宅があるマンション屋上の水道タンクで見つかった。遺体の一部は凶器で傷つけられた状態で、発見当時、大型のごみ袋に入れられていた。

警察が調べた結果、連れ去られる直前、Bさんは友人と一緒に自分が通う小学校正門横の公園遊び場におり、母親に連絡したいことがあるため誰かにスマートフォンを借りて電話をかけたいと友人に話していたことが分かった。

警察はAが犯行に使用したとみられる凶器をAの自宅から押収、取り調べで犯行の動機などを追及しているが、Aは「何も覚えていない」などと話しているという。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「ものすごくショック」「衝撃そのもの」と驚く声や、「世も末だ」「本当に10代の少女がこんなことをしでかしたのか?世の中がおかしくなっている」と嘆く声が続々と寄せられている。

また、「容疑者が未成年だからといって大目に見たら駄目だ。成人と同じように処罰を」「犯罪者の顔をすぐに公開すべき。女で未成年だからと例外措置は要らない」と厳罰を求める声のほか、「ニュースのタイトルを見て日本で起こった事件かと思った」「日本でかつて起こっていたようなことがとうとうここでも…」と、日本に言及する声もあった。(翻訳・編集/吉金)