恋愛において、ほろ苦い思い出や失敗をしてしまった経験は、誰だって多少はあるものでしょう。そういった“恋愛の失敗あるある”をかるたで紹介していく連載『恋愛失敗あるあるかるた』。

失敗からは注意点などを学べますし、反面教師にすることもできるので、みなさんの今後の恋愛に活かせる点もあるはずですよ。

第1回目の「恋愛失敗あるあるかるた」は……。

「と」 

友達に先に「あの人が好き」と言われてしまった

 

■先に言われると言い出しにくくなる

「実は私、○○さんのことが好きなんだ。」

女友達からそういった恋愛相談を受けたりするのは、女性同士であればよくあることでしょう。

でも、その好きだという相手の男性が、もしもあなたも思いを寄せている男性だったとしたら……。

はっきり言って、これほどつらいことはないですよね。

特に、職場や学校で好きな男性ができた場合は、同僚や友達の女性もその男性のことを好きである可能性だって、十分に起こり得ることです。

そして、そういったケースになったら、先にその思いを打ち明けられてしまうと、自分は言い出しにくくもなってしまうでしょう。

 

■言うなら早めに言った方がいい

友達に先に思いを打ち明けられてしまったら、「私も彼が好きなの」と正直に告げるのか、それとも友情のために身を引くのか、とても悩むところですよね。

ただ、自分も好きだと正直に友達に告げるのであれば、なるべく早い方がいいかも。

時間が経てば経つほど言い出しにくくもなるでしょうし、「なんで今さらそんなことを言い出すの?」と友達にも思われてしまいかねません。

自分の中でどうしたいのか、早めに決断をしなければいけない場面であるとも言えるでしょう。

 

次回の『恋愛失敗あるあるかるた』もお楽しみに!

【画像】

※ oneinchpunch/shutterstock

【関連記事】

※ ゲスすぎる!本当にあった社内不倫エピソード【被害者の会結成編】

※ 「おかしいだろ!」男が理解できない別れの理由

※ 血にヒヤ!「生理中のエッチ」に対する男の本音

※ アツイ一夜を。男がメロメロになる「勝負下着」のポイント

※ ガ、ガマンできない!男性が耳元で囁かれたいエッチなセリフ

※ 好きだから…じゃないの!? ボディタッチをしてくる男性の心理