オーストリア・ウィーンのシェーンブルン動物園でこのほど、双子の赤ちゃんパンダ「福鳳(フーフォン)」と「福伴(フーバン)」の一般公開が始まった。

写真拡大

オーストリア・ウィーンのシェーンブルン動物園でこのほど、双子の赤ちゃんパンダ「福鳳(フーフォン)」と「福伴(フーバン)」の一般公開が始まった。中国新聞網が伝えた。

2016年8月7日、オーストリアに渡った雌パンダ「陽陽(ヤンヤン)」と雄パンダ「龍徽(ロンホイ)」との間に、自然交配によって「福鳳」と「福伴」の双子パンダが誕生した。

残念なことに、16歳になった「龍徽」は昨年12月、腹部に腫瘍が見つかり、同月9日に死亡した。(提供/人民網日本語版・編集/KM)