26日、香港の女優エレイン・ンが、ジャッキー・チェンとの間に誕生した娘が同性愛者ではないかとの報道について否定した。写真はエッタ・ンさん。

写真拡大

2017年3月26日、香港の女優エレイン・ン(呉綺莉)が、ジャッキー・チェン(成龍)との間に誕生した娘が同性愛者ではないかとの報道について否定した。明報が伝えた。

【その他の写真】

エレイン・ンは99年、当時不倫関係にあったジャッキー・チェンとの間に娘のエッタ・ン(呉卓林)さんを出産。これまで母子2人で生活してきたが、15年春にはエッタさんが、母親から暴力行為があったと学校や警察に訴え出る騒ぎが勃発。それからちょうど2年後の今月23日には、再び親子間のトラブルが浮上。母親の言葉が脅迫罪に当たるとして、エッタさんが警察に通報したことが明らかになった。

26日、メディアの前に姿を見せたエレイン・ンによると、エッタさんは自宅以外の「安全な場所」に移っているとのこと。また、娘と連絡を取っていることも明らかにした。

ここ数年、エッタさんのファッションやヘアスタイルが中性的であることなどを理由に、同性愛者ではないかとも報じられてきた。今回の騒動についても一部では、それが親子間トラブルの火種になったとの見方もされている。こういった疑いについてエレイン・ンは、報道内容を全て否定し、エッタさんが同性愛者ではないことを強調している。

今回の騒動についてエレイン・ンは、娘にかけた自分の言葉が少々厳しかったことが原因だと認め、「問題を解決するために努力している」と語っている。自分が芸能界にいるため騒ぎが大きくなっただけであり、「一般の家庭でも普通に起こるようなこと」だったと説明している。(翻訳・編集/Mathilda)