ソン・ジュンギ「太陽の末裔」ロングインタビュー“好きな異性ができれば、率直に告白するタイプ” ― Vol.1

写真拡大 (全7枚)

※このインタビューにはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

ソン・ジュンギ×ソン・ヘギョが共演し、韓国での放映時最高視聴率41.6%記録した大ヒットドラマ「太陽の末裔」のDVD-SET1&2/Blu-ray SET1&2、レンタルDVD Vol.1〜13がNBCユニバーサル・エンターテイメントより好評リリース中!

今回、DVD&Blu-rayのリリースを記念して、主演のソン・ジュンギのロングインタビューをお届けする。

ソン・ジュンギ「太陽の末裔」ロングインタビュー“日本で私の演技を見てくださるファンの方々に挨拶したい” ― Vol.2

 

俳優ソン・ジュンギと“ユ・シジン”の共通点

―「太陽の末裔」は除隊後の復帰作となりますが、たくさんの作品のオファーがあったことと思います。その中から「太陽の末裔」に出演を決めた理由について、お聞かせください。

ソン・ジュンギ:復帰作として様々な作品を検討し、どれを選ぼうか悩んでいた時に、この作品の脚本に出会いました。まず、ストーリーとキャラクターに心を惹かれ、読み進めていくうちに、すっかりこの作品に魅了されてしまいました。ストーリーが実に興味深いですし、軍人と女性医師の愛の物語という点が非常に新鮮に感じられて、出演を決めました。

―演じられたユ・シジン役について、簡単にご紹介をお願いします。ご自身の性格に近い部分、共感できる部分などはありますか?

ソン・ジュンギ:ユ・シジンは、軍人という自身の職業に対する責任感やプライド、使命感がとても強い人物です。そして、自分よりも相手を思いやることを知り、強いリーダーシップと強烈な愛国心の持ち主でもあります。また何よりも、とてもロマンチックで、愛する女性のためには最善を尽くす、まさに完璧な男ですね。私も、俳優という自分の職業には強い使命感とプライドを持っていますが、そのような点は似ている部分と言えるでしょうか。また、シジンは真面目な時は本当に真面目なのですが、ちゃっかりした面や、冗談が好きな面もあって、それも私と似ているかも知れません。
 

『少年のイメージから成長した姿を見たかった』

―ドラマの現場に戻った感想をお聞かせください。また、除隊後の復帰作で軍人を演じることになりましたが、役作りにおいて、もっとも気を遣ったのはどんな点ですか。参考にした作品やキャラクターなどはありましたか?

ソン・ジュンギ:軍隊にいる間、早くドラマや映画の現場に戻りたいという気持ちが強かったので、「太陽の末裔」という素晴らしい作品と出会い、その現場を共にできたことを、とても光栄に思っています。また、軍人役を任されてまず思ったことは、外見的に強く見せなければならないということでした。ユ・シジンは特殊戦司令部チーム長という役どころですから、まずは筋肉をつけるしかありません。また、強靭な印象を与えるために、ダイエットも並行して行いました。そして何より、ロマンスがこのドラマの最も重要な部分ですから、ソン・ヘギョさんと演技の呼吸を合わせることに全力を尽くしました。

―軍人役のみなさんは、撮影に入る前にアクションなどの訓練もされたそうですが、当時の思い出がありましたらお聞かせください。また、ドラマの中でもロープで降下する訓練のシーンがありましたが、撮影中のエピソードがありましたらお聞かせください。

ソン・ジュンギ:ロープ降下訓練、アクション訓練、射撃訓練、アルファチームとしての集団戦の訓練など様々な訓練を行いました。なかでも最も重点を置いたのは、序盤に北朝鮮軍と格闘するアクションですね。ナイフを使用して戦うため、剣術訓練を一番熱心にやりました。

―トレーニングや、シャワー室などで上半身を披露するシーンも大きく話題を集めましたが、体づくりのために特別な運動などはされましたか?

ソン・ジュンギ:とても熱心に取り組みました。自分の体をよく見せたいという欲望は、俳優の最も本能的な部分でもあるのですが、そうした部分が見る人の共感を呼び受け入れられれば、カン・モヨンとのロマンスにも役立つと判断したんです。これまではどうしても、ソン・ジュンギという俳優は、大人の男というよりも少年のイメージでとらえられることが多かったように思います。ですから、外見的にも成長した姿を見せることができれば、女性主人公との恋物語も自然に受け取られると思いました。それで、軍を除隊する前から熱心に運動をしてきました。しかし、あまりに筋肉モリモリになっても、それもまたユ・シジンのイメージとは合わないですし、それを調整するのには苦労しましたね。

―序盤でひったくりを追ったり、戦闘やケンカのシーンも多く、拷問を受けたりと、体力的にも大変な撮影が多かったと思いますが、撮影中に苦労したこと、特に記憶に残っているシーンがありましたら教えてください。

ソン・ジュンギ:撮影に苦労したシーンは、とても多かったですね。さまざまなアクションシーンがありましたから。その中でも、シリーズ後半のエピソードに登場する駐車場での追撃シーンでは、実際にケガをしてしまいました。そのため、製作陣に迷惑をおかけしたようで、今でも申し訳なく思っています。自分では、このことは良い教訓になりました。
 

『好きな異性ができれば、率直に告白するタイプ』

―ソン・ヘギョさんとの共演の感想をお聞かせください。初共演が決まったときは、どんなお気持ちでしたか? 撮影中のエピソードなどがありましたら教えてください。

ソン・ジュンギ:ソン・ヘギョさんはとても真摯な方でした。また、経験も豊富で底力を持った俳優さんです。こんな素晴らしい資質を持った方との共演が、このドラマの成功を生んだと私は思っています。ですから最初、カン・モヨン役をソン・ヘギョさんが演じられると聞いた時、この作品は、いいスタートを切ることができたと思いましたし、これからの撮影も、生み出す結果も素晴らしいものになると考えました。撮影中のエピソードは、たくさん有りすぎるのですが、私がケガで撮影を休んでいる時に、ソン・ヘギョさんの配慮のおかげで無事に撮影を終えることができました。その時の彼女の心遣いは、一生忘れられないでしょう。

―シジンは出会ってからすぐにモヨンに積極的にアプローチしますが、どんなところに惹かれたのだと考えましたか?

ソン・ジュンギ:まずは、モヨンの美しい姿に惹かれたのでしょうね。モヨンと初めて出会った時、彼女のどこに惹かれたのかは、ドラマの中では表現されていません。言葉そのまま、カン・モヨンの美しい姿に魅了されたのだと思います。またそれは、ソン・ヘギョという女優の魅力と、カン・モヨンという役柄の持つ魅力がシナジー効果を生み出したのでしょう。そして出会った後、カン・モヨンのクールで率直な姿に、ユ・シジンの心は惹かれていったのだと思います。また、物語が進むにつれて、カン・モヨンの職業に対する責任感や彼女の信念に尊敬の念を抱き、自分と似ている点が多いと感じたのではないでしょうか。若い男女が苦難を共にしていく過程で、そういった感情は、さらに強まっていったと思います。

―実際のソン・ジュンギさんは好きな人ができたら積極的に気持ちを表現するタイプですか?

ソン・ジュンギ:私も好きな異性ができれば、率直に告白する方です。しかし、とてもユ・シジンほど積極的には行動できませんね。彼と比べれば、私はまだ内気な方です。ですから、ユ・シジンの勇気がうらやましいですね。

―“ワインキス”のシーンをはじめ、出会いと別れを繰り返しながら視聴者の心をときめかせる場面が数多く描かれましたが、モヨンとのロマンスシーンの中で特に記憶に残っているのは?

ソン・ジュンギ:「謝りましょうか。告白しましょうか」というエンディングのシーンが一番記憶に残っています。二人のキャラクターの切なさがよく現れているシーンだと思いました。

ソン・ジュンギ「太陽の末裔」ロングインタビュー“日本で私の演技を見てくださるファンの方々に挨拶したい” ― Vol.2

■作品情報
「太陽の末裔 Love Under The Sun」

○DVD-SET1(お試しBlu-ray 付き)/Blu-ray SET1 好評発売中
※レンタルDVD Vol.1〜6 同時リリース中

○DVD-SET2(お試しBlu-ray 付き)/Blu-ray SET2 好評発売中
※レンタルDVD Vol.7〜13 同時リリース中
価格:(DVD) ¥16,200+税 (Blu-ray) ¥18,200+税
【発売・販売】NBCユニバーサル・エンターテイメント
Licensed by Next Entertainment World (C)2016 Descendants of the Sun SPC

公式サイト:http://kandera.jp/sp/taiyou/
第1話無料配信中:https://youtu.be/b-iu-Nj9Bms