次の恋に進もう!彼との復縁を諦めたほうが良いパターン

写真拡大



元カレと復縁を考えるべきか、新しい恋を始めるべきか、悩んだことはありませんか?しかし、肝心のカレからは「復縁など考えられない!」と思われている場合もあります。こんな場合は復縁を諦めたほうが良いかも・・・。これを機に新しい恋にチャレンジしてみましょう。

■1.別れた理由をはっきりと言われた場合

なぜ別れてしまったのか、どんな別れ方をしたのかを思い出してみましょう。彼が、「こんな行動にうんざりした」「あなたに魅力を感じられなかった」と、その原因をはっきり伝えていた場合。彼はその原因によってだいぶ疲れてしまっていて、確固たる決意で別れを切り出していることでしょう。どんなにあなたが復縁を願っても、その願いを叶えるのはかなり難しいかもしれません。

■2.彼が自分勝手な男性である場合

別れて思い出すのは、彼のよいところばかりですよね。しかし、付き合っていたときに彼から大切にされていたと胸を張って言えますか?都合のよいときだけ呼び出されていたり、いつも予定を合わせるのはあなただったり。彼のワガママに完全に振り回されていた状態ならば、彼はあなたの復縁希望も聞いてくれることはないでしょう。いくら乱暴にされていたとしても好きと言う気持ちが忘れられないかもしれませんが、この場合は感情を優先させてはいけません。

■3.あなたが束縛をしてしまった場合

自由人な彼と付き合っていた場合、つい心配になってしつこくしてしまうこともあるでしょう。しかし、付き合っているときからしつこくしていると、彼には「この子は何かとしつこいからな」という認識ができあがってしまっています。ですから、復縁を迫ってもあしらわれてしまう可能性大。

付き合っている時点で彼を信じてあげられなかった場合、彼はもうあなたと信頼関係を結ぶことを望んでいません。ちょっと彼を束縛してしまっていたのなら、あきらめましょう。

■4.別れてから彼が恋人を作った場合

彼が気の多い男性で、あなたと別れてすぐに新しい恋人をつくっていた場合。これはもう諦めるほかありません。どんなに復縁を願っても、彼の気持ちは新しい恋人へ移ってしまっているのです。さらに、あなたが恋人でなくても構わないと思っているでしょう。略奪することなど考えてはいけません。ふたりの関係を邪魔しようと思えば思うほど、彼に「悪い女」だと認識されてしまいます。潔く諦めましょう。

■新しい一歩を踏み出そう

どんなに復縁を願っても、相手の気持ちがあなたに向かないこともあります。過去の失敗を反省し、潔く諦めましょう。過去を反省することで、新しい一歩を踏み出すことに繋がりますよ。(クヌギ/ライター)

(ハウコレ編集部)(古泉千里/モデル)(小南光司/モデル)

(泉三郎/カメラマン)