写真提供:マイナビニュース

写真拡大

既報の通り、韓国Samsung Electronicsは、スマートフォンの新製品「Galaxy S8」「Galaxy S8+」を発表した。縦長のディスプレイやホームボタンの排除など、デザインを一新した意欲作だ。本稿では、米ニューヨークで開催された発表会に展示されたGalaxy S8/S8+を写真で紹介したい。

Galaxy S8とS8+は、それぞれディスプレイサイズが5.8インチと6.2インチと大型。しかし、18.5:9という縦長のディスプレイを採用するため、横幅が細く、その分持ちやすい。Galaxy S7 edgeの幅72.6mmに対し、S8が68.1mm、S8+が73.4mmで、横幅が大幅に小さくなった。2月に開催されたMobile World Congress(MWC) 2017でLG電子が発表した「LG G6」は18:9のディスプレイだったが、それよりもわずかに"縦長"を更新している。

(小山安博)