Highlight、新曲&1stミニアルバムでGAONチャート3冠を達成!“止まらない勢い”

写真拡大

Highlightの勢いが熱い。

30日、GAONチャート側によると、20日に発売されたHighlightの新曲「Plz don't be sad」は、2017年12週目のGAONデジタル総合チャート、ダウンロードチャートにおいて1位、1stミニアルバム「Can You Feel It?」はアルバムチャート1位に上がり、GAONチャート3冠を達成した。

Highlightの後に次ぐ、4月にカムバックを予告したIU(アイユー) の先行公開曲「夜の手紙」が2日でデジタル総合チャート2位を占め、3位はTWICEの「Knock Knock」、4位は少女時代 テヨンの「Fine」、5位はAileeの「初雪のように君に行く」(ドラマ「鬼」OST) がそれぞれランクインした。

アルバムチャートでは、ニューアルバムの上位圏ランクインが多かった。1位のHighlightに次ぐMONSTA X、CNBLUE、PRISTINが2、3、4位を記録した。

12週目のストリーミングチャートでは、TWICEの「Knock Knock」が5週連続1位を占め、K-POP歌手の世界的な人気を計らうGAONチャートソーシャル総合チャート1位を獲得した。

K-POP歌手の中華圏人気の目安となるGAON Weibo(微博:中国版Twitter) チャートグループの人気も1位は防弾少年団、ソロ人気度はイ・ミンホが占めた。またSUPER JUNIOR-Mのヘンリーが18日に新曲を発表しGAON Weibo個人チャートで2段階上がり2位にランクインした。