木製のゲートから鉄格子まで門のデザインは様々ありますが、世にも珍しいデザインの門が海外サイトで話題を呼んでいました。

「ぺンチで作った門」をご覧ください。

 

This steel gate made up of pliers.


わっ。

鉄格子の模様として、ペンチが門全体に張り巡らされています。

「ペンチで作る」とは、ペンチを道具としたのではなく、素材にして作ったものだったのですね。

その突飛なアイデアもさることながら、独特の雰囲気はペンチだからこそのものでしょう。

大きさも形も違うペンチを集めることで、新しいアートが生まれるものですね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●おい、この門をこじ開けて侵入するぞ。だがこれを破るのに必要なのは……。気にするな。

↑「ジム、ボルトカッターをとってくれ!」
「スティーブ、すでにそこにある」

↑ボルトカッターのカッター?

●理由はわからないがこのゲートはちょっと気味が悪い。なぜか虐待されたカエルとか、妙に足の長い人を連想してしまう。

↑妙に落ち着かない。

↑この構造統合性はきっと悪い。

↑このフェンスの障害となるのは正直者だけだ。そもそもよじ登れそうだけど。

●もしその門が本物のペンチを溶接したものなら、かなり高額だ。

●一瞬クモだと思ってパニックを起こしかけた。

↑自分はクモもコウモリも怖くはないが、この門はどうも落ち着かない。

●映画監督のティム・バートン……っぽい。
[画像を見る]


鋭利な部分や、有機的なデザインが、不気味に感じる人もいるようです。

【「ペンチで門を作ると…なんだか落ち着かないデザインになった」】を全て見る