写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ASUS JAPANは30日、水冷対応の17.3型ゲーミングノートPCの新モデルとして、Kaby Lake世代のIntel Core i7-7820HKのほか、NVIDIA GeForce GTX 1080を2way SLI構成で搭載した新モデル「ROG GX800VH」を発表した。4月7日に発売し、価格はオープン。希望小売価格は税別739,800円。

取り外し可能な水冷ユニットが付属するハイエンドゲーミングノートPC。CPUをKaby Lake世代のIntel Core i7-7820HKに刷新したほか、グラフィックスをPascal世代のNVIDIA GeForce GTX 1080をSLI構成で搭載し、従来モデルから大きくパフォーマンス向上を実現した。

水冷ユニット接続時には、ユーティリティのROG Gaming Centerからオーバークロックの設定も可能、プリセットを用意し、自動で動作クロックを引き上げることができる。

また、キーボードはイルミネーション機能を搭載したメカニカルキーボードを搭載。2.5mmの深いキーストロークにより、快適に入力できることに加えて、最大30キーまでの同時押しに対応する。さらにマクロも設定できる。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7820HK(2.9GHz)、チップセットがMobile Intel CM238、メモリがDDR4-2400 64GB、ストレージが512GB SSD(PCI Express 3.0 x4)×3、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080 8GB×2、OSがWindows 10 Home 64bit。

通信機能は、ギガビット対応有線LAN、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Blutooth 4.1。インタフェースは、Thunderbolt 3×1、USB 3.1 Type-C×1、USB 3.0×3、SDカードスロット、HDMI×4、DisplayPort×4、DVI-D×2、オーディオポートなど。

バッテリー駆動時間は約1.8時間。本体サイズはW458×D338×H45.4、重量は約5.7kg。なお、水冷ユニットを運ぶためのスーツケースとバックパック、ゲーミングマウス「ROG Gladius」が付属する。