アルデン・エーレンライク

写真拡大

『スター・ウォーズ』シリーズのならず者船長、ハン・ソロの若き頃を描くスピンオフ映画。そのストーリーの概要が明らかになった。

(以下は、『スター・ウォーズ』ハン・ソロ映画のネタばれ情報を含みますのでご注意ください)

米Varietyなどが伝えたところによると、この情報は、米ディズニーのボブ・アイガーCEOが3月23日(木)、米カリフォルニア大学テック・カンファレンスにて明らかにしたもの。それによると、ハンが18歳の頃から24歳までの6年間にわたる物語になるという。

そして、有名な宇宙船ミレニアム・ファルコンをハンが手に入れたいきさつや、相棒チューバッカとの出会い、そして、ハンがどのようにして名前を獲得したか(もしくは、名声を得たか)が描かれるということだ。

すでに報じられているように、主人公ハンを本作で演じるのはアルデン・エーレンライク(『ヘイル、シーザー!』)。出演はこのほか、エミリア・クラーク(『ゲーム・オブ・スローンズ』)、ドナルド・グローヴァー(『コミ・カレ!!』)、ウディ・ハレルソン(『ハンガー・ゲーム』)。監督はフィル・ロード&クリストファー・ミラー(『22ジャンプストリート』『LEGOムービー』)が担当する。

知られざる6年間で何が起きるのか? ハン・ソロが主人公となるスピンオフ映画は、2018年5月25日(金)に劇場公開予定。(海外ドラマNAVI)