29日、歌手で俳優のアーロン・クォックの結婚について、同じ「香港四天王」のジャッキー・チュンが祝福の言葉を述べた。

写真拡大

2017年3月29日、歌手で俳優のアーロン・クォック(郭富城)の結婚について、同じ「香港四天王」のジャッキー・チュン(張学友)が祝福の言葉を述べた。新浪が伝えた。

【その他の写真】

「香港四天王」の一人であるアーロン・クォックが、交際中の中国人モデルと結婚することが明らかになった。同じく「香港四天王」のジャッキー・チュンがこのほど、ジャッキー・チェン(成龍)のアカデミー名誉賞受賞を祝うパーティーに出席。集まったメディアにコメントを求められると、「もっと早く結婚すべきだったよ。本当にめでたい」と笑いを交えて祝福している。

「香港四天王」とは正式なユニット名ではなく、80年代末〜90年代初めにかけて、特に人気の高かった4人を指す。アーロン・クォックとジャッキー・チュン、さらにアンディ・ラウ(劉徳華)とレオン・ライ(黎明)と加えた4人となる。

アーロン・クォックが結婚を表明したことで、これで「香港四天王」の全員が既婚、または結婚経験者になった。なお、最も早く既婚者となったのが、96年に元アイドルと結婚したジャッキー・チュンだ。結婚後は2人の娘に恵まれ、家族思いの満点パパとして世間からの好感度も非常に高い。(翻訳・編集/Mathilda)