F1速報25周年を記念して「F1事件簿30年史」が発売されました!

1950年からスタートしたF1。現代に至るまで様々な歴史や伝説がうまれてきました。

「F1事件簿30年史」では、1987年〜2016年をピックアップ。この30年間におきた、構想・派閥・クラッシュ・八百長(!?)など、忘れられないあの事件や、あんな事件まで! 105ページにわたって振り返ることができます。

1

■川井一仁セレクション 10大事件

F1解説でお馴染みの川井一仁さん。ウラのウラまで取材してきた川井さんが選ぶ「特に印象に残ったF1 10大事件」で、見事(?)1位に選ばれたのは、2005年アメリカGPで起きた「ミシュランゲート」でした。記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

2001年〜2005年のF1は、ブリヂストンとミシュランによるタイヤメーカー同士の争いでもありました。2005年のエントリー台数は20台。そのうち、ブリヂストンを装着していたのは6台、ミシュランは14台でした。

事件の発端は2005年アメリカGP金曜日フリー走行。ラルフ・シューマッハーのクラッシュがきっかけでミシュランタイヤに問題があり、レース速度ではターン13を安全に走れないことが発覚しました。関係者の間で様々な解決策が練られましたが、結局ミシュラン勢はレースをスタートせず、レースに出たのはブリヂストンを装着した6台のみ。完走すれば全員ポイント圏内(当時の入賞は8位まで)という前代未聞のレースだったのです。

当時取材に行っていた川井さんが、現場の様子を語ってくれています。

「あの時は(決勝日に)何かが起こることは分かっていて、朝、とんでもなく早くホテルを出発したのを覚えている。スタート4時間前に着くというのが当時の我々(中継スタッフ)のルールだったんだけど、あの日は通常より2時間早く、朝8時くらいには着いていたと思う。」

金曜日にタイヤの問題が発覚してから、現場ではいろいろな対策が練られていたのだそう。

「土曜日の段階で『タイヤどうする?空輸する?』とか、ガタガタやりだしていた。ミシュランが別のスペックのタイヤを持ってくる、こない、でも間に合わないとかね。スペインGP仕様のタイヤを空輸しようとしている話があった。問題の最終コーナー手前にシケインを作ろうとか、ブリヂストンがミシュラン勢にタイヤをサプライするとか、いろいろな話が出ていたけど(結果的には)全部、無理だった。」

6台のみのレースはシンプルで「中継時に喋ることがなくて苦労した」という川井さん。当時の思い出を振り返ります。

「昼食をきちんと食べていないくらいドタバタしていた。でも、インディアナポリスって本当にメディアサービスが良くて、放送ブースが広いうえに防音がしっかりしていて、しかも向こうのスタッフがそこに昼飯を置いていってくれる。今でこそ言える笑い話だけど、やむを得ずレース中にそのサンドイッチを食べていた。」

レース終了後、サーキットはいつもと違う雰囲気だったようです。

「(ファンが)コース上に物を投げ入れたりしていたよね。放送が終わってから、観客席側にあるブースを降りて行くと、あの大きいグランドスタンドの後ろ側が殺気立っていた。あの日、チームのメンバー達は皆、とりあえず着替えて出ようっていうのがチームから指示されていた。チームのユニフォームで帰ったら、クルマで信号待ちなんかしたら何されるか分からないからってね。ドライバーたちはエスコートを付けて帰ったんじゃないかな。」

せっかく楽しみにしていたグランプリ。たった6台しか走らないレースを見せられたお客さんの気持ちを考えると、殺気立つのも納得ですよね。

さて、F1 10大事件2位〜10位は何の事件が選ばれたのでしょうか。予想を立ててから見るのもおもしろいかも!?

■鈴木亜久里のF1波乱万丈人生

この30年、アイルトン・セナやミハエル・シューマッハーなど、たくさんの個性あるドライバー達がF1を盛り上げてきました。その中で日本人F1ドライバーとして初めて表彰台に立ち、引退後はスーパーアグリF1チームのオーナーとしても活躍した、F1の厳しさを味わい尽くした鈴木亜久里さんが、自身のグランプリ人生を振り返ります。

1988年日本GPでF1デビューを果たし、翌年ザクスピードからフルタイム参戦を果たした亜久里さん。デビューまでの道のりは「とにかく人に恵まれていた」のだそう。

「当時の日本人にとっては、F1に行くこと自体が夢だったからね。F3000のチャンピオンになっても、自動的にF1に行けるルールなんてなかった。それが俺の場合、ちょうど日本がバブルで景気が良くて、日本企業がどんどんF1チームのオーナーになった。そういう時代にちょうどドライバーとしてピークを迎えられることができた。それはすごい幸せな巡り合わせだったし、もう一回同じ人生やれって言われても無理だよ。」

セナやアラン・プロスト、ナイジェル・マンセルらが自分のすぐ横を走って行く……。そんな夢のような世界に飛び込んだデビュー当時の心境も話しています。

「実際にそこに行っちゃうと、夢の世界なんかじゃない。現実の世界、大変なところに来ちゃったと、すぐさま思い知らされた。」

ラルースに移籍した1990年日本GPで日本人初の3位表彰台に上がり、最高のシーズンを送ったのも束の間、1991年の入賞は開幕戦の6位のみ。契約満了にともない翌年フットワークに移籍しましたが、2年間で一度も入賞を果たせないどころか、チームがバブル崩壊による経営不振でF1から撤退。1993年末にはシートを失ってしまったのです。

1995年にはリジェでF1復帰を果たしましたが、開幕後にマーティン・ブランドルとシートをシェアすることを告げられ、全17戦中6戦のみの出場となりました。そしてこの年の日本GP予選2日目のアタック中にS字コーナーでクラッシュし重傷。翌日のレースにも出られず、そのまま現役引退となってしまいました……。

「ほんとうだったら日本GP予選後に、引退記者会見をするつもりだった」と語る亜久里さんですが、一体いつから引退を考えていたのでしょうか。

「年をとってくると『いつかやめようかな』と少し考えるようになって、その比率が高くなってくる。最初は5%、それが10%、15%に増えていく。いきなり『やめよう』じゃなく、徐々にね。日本に帰ろうかなあ、と考える時間が、長くなってくる。(リジェ在籍時は)もう35歳だったしね。もうやめようと思ってた。フットワークの時は、ジェンキスのクルマがほんとに嫌だったし(笑)。」

そして2006年1月、「45歳までにF1チームを立ち上げる」と言っていた亜久里さんが、まさに45歳4カ月の時に「スーパーアグリ」を立ち上げ、その夢を叶えたのです!

「準備期間も、ものすごく短かったよね。(2005年)11月に発表して、翌年から参戦でしょう。絶対できない、ってみんなに言われたよ。」

「スーパーアグリ」で忘れられないのが、2007年オーストラリアGP予選。エースドライバーの佐藤琢磨選手がチーム創設時からは想像もできなかった、Q3進出を果たしたことです。

予選後、チームと佐藤選手が、抱き合い、お互いを称え合っている姿を見て涙が出そうになりました。あの時の亜久里さんと佐藤選手の笑顔、そして日本のレース魂を世界に見せつけたあの走りは今でも鮮明に覚えています。「F1って面白い!」と、ますますF1を好きになったきっかけにもなりました。

その後もマシンはシーズン序盤から高い戦闘力を発揮し、スペイン、カナダと入賞を重ねていきます。

しかし、2008年資金難からチーム存続が危ぶまれ、開幕4戦に出場したところで、夢の純日本F1チームは残念ながら撤退となってしまったのです……。

「とにかく金がなかった。金があってうまくいかなかったんだったらあれこれ悔やんだだろうけどね。いろいろ資金調達の計画はあったけど、うまくいかなかった。でもホンダ(の現場)の人たちは、ほんとに良くしてくれた。寝ずに一緒にクルマ作ってくれて、もう感謝しかない。ものすごい感謝ですよ。そうじゃなかったら、とてもあんな短期間で、チームの立ち上げなんてできなかった。」

そして、今の亜久里さんが当時のように情熱を注いでいるのは、日本人ドライバーをF1に送りだすことなのだそう。

「強い日本人、勝てるドライバーをね。ひとつ歯車がはまれば、昨年のアブダビGPで見せてくれた(GP2松下選手、GP3福住選手が表彰台獲得)みたいに、素晴らしいレースができて、必ず上に行ける。結局、F1とかモータースポーツって、道具じゃないんだよ。人間だからさ、観てて熱くなれるのは。」

「だからこそ、ホンダにはとことんやってほしい。これからどうしていくのか、俺には分からない。でも本音として、フルコンストラクターになってほしいね。そこに日本人ドライバーが乗って、チャンピオンになる。それが理想形だよね。」

私がF1を観始めたのは2006年。「F1事件簿30年史」は30年という歴史の中の3分の1のことしか知らない私でも、「あった、あった!懐かしい!」と思うシーンや「こんな事があったんだ!」と新たな発見もあり、世代や観戦歴を問わず誰でも楽しめる1冊になっていますよ!!

(yuri)

忘れられない「あの事件」の裏話とは?【F1速報×F1女子〜F1事件簿30年史〜】(http://clicccar.com/2017/03/30/457568/)