ジョージ・マイケル、近親者により葬儀が行われる

写真拡大

 ジョージ・マイケルの葬儀が2017年3月29日(現地時間)に行われたとピープル誌が伝えた。2016年12月25日に死去してから約3か月後のことだ。

【関連画像】

 「本日、歌手ジョージ・マイケルの葬儀が執り行われたことをお知らせします。家族と近い友人たちが小さなプライベートな式に集まり、最愛の息子、兄弟、友人に別れを告げました」と家族の代理人が声明文を発表した。

 マイケルはロンドンのハイゲート墓地に、20年前に死去した母レスリーの隣に埋葬されたそうだ。

 「ジョージ・マイケルの家族は、愛と支援のメッセージを多数送ってくださった世界中のファンに感謝しています。遺族がメディアの介入から離れたところでプライベートに暮らし続けられるよう、プライバシーへのご配慮をお願いいたします。これ以上の詳細は発表しません」と声明には記載されている。

 2016年のクリスマス当日にオックスフォードシャーの自宅で亡くなったマイケルの死因は“拡張型心筋症、心筋炎、脂肪肝”だったと、同州の検死官が3月の上旬に発表した。享年53歳だった。