新たにリリースされたiOS10.3.2ベータ版では、iPhone5や第4世代のiPad用の復元ファイル(ipswファイル)が提供されていないことから、これら32ビットデバイスのサポートをAppleが近いうちに終了するのではないか、という観測が浮上しています。

iPhone5/5cの復元ファイルがない

すでにデベロッパー版、パブリックベータ版の両方がリリースされているiOS10.3.2ですが、32ビットデバイス向けの復元ファイルが用意されていないことが分かりました。このファイルがないと、ユーザーはアップグレードやダウングレードを自由に行えません。
 
iPhone5、iPhone5c、第4世代iPadは、CPUとしてA6チップを搭載しています。このA6チップは32ビットアーキテクチャを用いており、iPhone5s(A7)以降の64ビットとは処理効率が異なります。今回対象外となったiOS端末は、どれもこの32ビットデバイスにあたります。

正式なサポート終了はiOS11か

先日リリースされたiOS10.3では、これら32ビットデバイス向けの復元ファイルは用意されていますが、32ビットアプリを起動する際、iPhoneの動作に影響を及ぼすという警告が表示されるようになるなど(確認方法はこちら)、すでに64ビットに向けての舵切りが始まっています。
 
ただ、これまでiOSでデバイスのサポートを終了する際は、大型アップデート時に限られていたことから、正式な終了はiOS11になるのではないか、とする見方も出ています。なお、iOS11の発表は6月5日に開催されるWWDCが予定されています。
 
 
Source:AppleInsider
(kihachi)