「レイルロード・タイガー」の一場面

写真拡大

 ジャッキー・チェンの主演最新作「レイルロード・タイガー」の日本公開日が6月16日に決定し、劇中カット4点が公開された。

 俳優のみならず、監督、プロデューサーと多彩な活動を続け、2016年には映画業界の発展に寄与した人物に贈られるアカデミー賞名誉賞を受賞した、“アジアが世界に誇るアクションスター”ジャッキー・チェン。主演最新作は、第2次世界大戦下の中国を舞台に、鉄道による日本軍への物資支援を妨害しようと結成されたゲリラ隊「レイルロード・タイガース」と日本軍の攻防を描くアクションコメディだ。「ポリス・ストーリー レジェンド」のディン・シェンがメガホンをとり、中国では100億円の大ヒットを記録した。

 共演には、韓国の人気アイドルグループ「EXO」の元メンバーであるホアン・ズータオをはじめ、台湾で2015年度興収第1位を記録した「私の少女時代 Our Times」のワン・ダールー、チェンの息子ジェイシーら豪華な顔ぶれがそろう。さらに、主人公マー・ユェン率いるレイルロード・タイガースの作戦阻止を目論む適役には池内博之。「イップ・マン 序章」(2008)に日本軍将校役で出演した池内の演技にほれ込んだシェン監督が、抜てきしたという。本作は、チェンと池内によるアクションも大きな見どころになっている。

 場面写真は、鬼気迫る表情のユェン(チェン)、在中日本軍の指揮官・山口(池内)とユェンが爆弾を奪い合う場面、ズータオ扮するレイルロード・タイガースのメンバーが列車に飛び乗るシーンなどを切り取っている。いずれも、俳優陣の熱演を垣間見ることができる。

 「レイルロード・タイガー」は、6月16日から東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国で公開。