ハイパフォーマンスポールで知られる EASTON社が新たに開発したポール「サイクロンポール」を採用した MSR のテントが続々ラインナップ。

Advance Pro を始め、ハイエンドモデルを中心とした4シリーズへの採用が発表されました。

EASTON社のポールは高品質であるがゆえ高価なため、ほとんどのテントメーカーは韓国の DAC社などのポールを採用していますが、現在でも極地用テントでは EASTON のポールが使われています。

その EASTON が MSR用に新たに開発したのが、航空機にも使われている複合素材を使ったサイクロンポール。このポールのウリは、これまでのポールにはない屈曲性と耐久性を兼ね揃えているところ。曲げても、アルミのように曲がったり折れたりせず、カーボンのように裂けてはじけることもなく、にも関わらずカーボンのように軽く、アルミのように強いポールに仕上がっていると言います。

【参考記事】渓流釣り&野営をミニマルに楽しむアウトドアギア

新ラインナップのひとつ Advance Pro は、スピードクライミングなどを想定した究極の山岳用テント。本体に2レイヤーの防水透湿素材を使用したドーム型シングルウォールテントで、スペースが限られていたり、風が強いときでも簡単に立てられる設計になっています。サイクロンポールを採用したポール構造が、上から雪が積もっても潰れない構造になっていて、押されても跳ね返る仕組み。

Advanced Pro 2

サイクロンポールを採用した新ラインナップは、この Advance Pro の他に、短期の雪山登山やバックカントリースキーでの使用を想定した軽量なオールシーズンモデル Access シリーズ、厳冬期の過酷な気象下での使用も想定した山岳テント Remote シリーズ、高い耐候性を備えるベースキャンプテント  Stormking の全4シリーズ。徹底的な実地調査主義のモノ作りで知られる MSR がこれだけのラインナップを増やしたのはこのポールができたからといっても過言ではなさそうで、それだけの自信作と言えそうです。

Access 2

THE NORTH FACE が1975年に発表した世界初のドームテント Oval Intention に採用されて以来、一世を風靡したイーストンポールの巻き返しが始まりそうです。

執筆:Geared(Facebookページ)

○関連記事(ギアード)
完全自立式テントの重量革命。大手2社から1kg以下のモデルが登場

geared (ギアード)