【今さら聞けない】クルマ好きのいうタイヤの温間・冷間って何?

写真拡大 (全9枚)

走行前と走行後のタイヤの温度のこと

タイヤの温間・冷間というのは、簡単にいえば空気圧を計るタイミングのこと。タイヤというのは適正な空気圧があって、はじめて仕事ができる部品。したがって空気圧は非常に重要。どのクルマの、どのタイヤ(サイズ)に、最適な空気圧がいくつになるかは、自動車メーカーがさんざんテストしたうえで、指定空気圧を設定し、ドアの部分にシールで「200kPa」などと書いてある。

この指定空気圧は、タイヤが冷えている状態=「冷間」時の数字を指している。一方、「温間」は、走ることにより、タイヤと路面の摩擦による熱が生じ、その熱でタイヤが温まった状態のこと。タイヤが温まると、タイヤのなかの空気も温まり、熱膨張によって空気圧が上昇するので、同じ空気圧でも「冷間」と「温間」では意味が変わってくる。

具体的には、走り出す前の空気圧=「冷間」(外気温20度)が200kPaだったタイヤで、しばらく高速(120km/h)走行を続けると、タイヤ内の温度は40〜50度も上昇し、空気圧も110〜115%上昇(220〜230kPa)に上昇するといわれている。また、気温が10℃高くなるとタイヤの空気圧は10kPa上昇し、気温が10℃下がると空気圧も10kPa下がるというデータもある。

同様に、真夏の日中などは、日なたと日陰で10kPaぐらいの差が出るとも……。さらに言えば、タイヤにトラブルがなかったとしても、1カ月に平均で、10〜20kPaの空気圧は自然に低下するものなので、適正に空気圧を管理するには、少なくとも月に一度は、空気圧の点検調整は必要だ。

温間で調整すると冷えたとき空気圧不足になりトラブルを起こしやすい

空気圧が不足すると、タイヤがたわんで変形しやすくなり、変形することで発熱し、タイヤが傷む。また剛性が落ち、操縦安定性を損ない、転がり抵抗が増えて燃費も低下。偏摩耗も発生し、最悪、タイヤが損傷したり、ホイールからビートが落ちてしまうことも……。

反対に、空気圧過多でも、タイヤの接地面積が減り、接地面中央だけ扁摩耗したり乗心地が悪化するなどの悪影響があるが、どちらかといえば、空気圧不足のほうが、よりタイヤにとって都合が悪く深刻なトラブルにつながりやすい。

というわけで、指定空気圧の点検調整は、こまめに「冷間」に行うこと。もしも、走行直後=「温間」で調整するときは、指定空気圧よりも20〜30kPa高めに調整し、後ほど冷間で再調整するのが肝心。

サーキット走行をするときも、走り出す前に、走行中の温度上昇分を見込んで、はじめから空気圧を低くして走り出すのはややリスキー。できるだけ冷間の指定空気圧で走り出し、3周ほど走ってタイヤが温まったことを確認してから、一番タイヤの性能を引き出せる空気圧に調整するのがベスト。

フィーリングでいえば、空気圧は低めの方がグリップ「感」はあるが、転がり抵抗も多く、剛性面でも不安があるので、ラジアルタイヤなら、「温間」で、指定空気圧(冷間)に対し110〜115%の空気圧をひとつの目安にするといいだろう。