「Great Japanese Shake Sale」が開催

写真拡大

「シェイク シャック」でチャリティに参加できる。

【写真を見る】1周年を迎える「シェイク シャック アトレ恵比寿店」

ニューヨーク発のハンバーガーレストラン「Shake Shack(シェイク シャック)」は、「Great Japanese Shake Sale」を、外苑いちょう並木店とアトレ恵比寿店、東京国際フォーラム店で、5月1日(月)から5月31日(水)まで実施する。

同企画は、「シェイク シャック」があらゆる場面で最も大切にしているブランドミッション「Stand For Something Good」の一環。東日本大震災の被災地の子供たちに寄り添い、20年間継続的に支援を行う「ハタチ基金」とパートナーシップを組んで行っている。

200円寄付すると、次回来店時に「シェイク」(スモール480円)と交換できるチケットが渡される。さらに、期間中のドリンクカップは鶴などをあしらった限定デザインとなる。

昨年5月の初開催では、200万円以上の寄付金が集まった。今年は世界5カ国で同時開催される。

前向きな姿勢で関わることのできるチャリティのサイクルで、子供たちへの継続的な支援が実現する。ポジティブなチャリティの輪を広げてみては。【ウォーカープラス編集部/コタニ】