東九州道・今川PAにオープンするコンビ二のイメージ

写真拡大

NEXCO西日本は、東九州自動車道の今川パーキングエリア(上下線)に、コンビニエンスストアとガスステーション(GS)が2017年4月7日に新規オープンすると発表した。

GSが少ない東九州自動車道

東九州自動車道の北九州〜宮崎間が全通したのは1年前のこと。ところが今川PA付近は、GS間の距離が100キロ以上あるGS空白地域だった。「距離の割にGSが少ないので注意が必要」「東九州道は4車線化以前にSAとGSの整備が急務」という声は以前から挙がっていた。

今回オープンする施設のメインテナントはセブン-イレブン。九州の高速道路に出店するのはこれが初となる。24時間営業で、イートインスペースとしてカウンター席が12席用意されている。セブン銀行ATMの利用やマルチコピー機によるチケット購入も可能。観光PRや地域産品を販売する「多目的スペース」も設けられる。

一方、GSは8時から20時までの12時間営業でセルフサービスとなっている。

今回の開店を記念して、今川PAのセブン-イレブンは4月7日〜9日の3日間、一部食料品をセール価格で販売する。

・おにぎり各種、サンドイッチ各種
→標準価格(税込)より30円引き
・お弁当各種、麺類各種
→標準価格(税込)より50円引き