auは、これまで同社がリリースした携帯電話(ケータイ)のなかから、思い出深い機種を選ぶ「auおもいでケータイグランプリ」の投票を締め切り、上位20位のおもいでケータイを発表しました。

INFOBARシリーズが人気!1位は初代機種

「auおもいでケータイグランプリ」は、これまでリリースされたauケータイを対象に、ユーザーが思い出深い機種に投票するau版ケータイ”総選挙”です。投票期間は3月1日から3月21日までで、総投票数は31,857票でした。
 

1位!INFOBAR(1,640票)

 
数あるauケータイのなかからグランプリに輝いたのは、1,640票を獲得した「INFOBAR」となりました。
 

 
今から約14年前の2003年10月に発売されたINFOBARは、厚さ11ミリ、重さ87グラムのコンパクトさと四角いタイルキーが特徴で、機能性だけでなくデザインも重視したケータイでした。フラッシュつきカメラでの写真・動画撮影やアプリ、着うた、着ムービーなど、当時の人気コンテンツに対応していたことも人気のひとつです。
 

2位!INFOBAR2(782票)

 
782票で2位となったのは、INFOBARの後継機種「INFOBAR2」でした。初代発売から3年後の2007年12月に登場し、デザインは初代も手掛けた深澤直人氏が手がけています。
 
auおもいでケータイグランプリ
 
”溶けた飴”をイメージした丸みを帯びたフォルムが特徴で、初代よりもポップな色合いが印象的な機種です。ユーザーからは「まだ使っている」「世界でいちばん美しい携帯電話」と絶賛する声が集まりました。
 

3位!W41CA(640票)

 
INFOBARシリーズに次いで人気を集め3位となったのは、”ペンギンケータイ”として知られる「W41CA」(640票)でした。
 
auおもいでケータイグランプリ
 
2006年2月に発売された2つ折りケータイで、スリムなボディながらワイド液晶と2.1メガピクセルのカメラが搭載されていました。画面を開くたび、また通話やメールの送受信などさまざまな場面で、ペンギンのアニメーションが表示されるのが人気でした。
 

初スマホとして人気だった「IS03」などもランクイン

 
トップ3には得票数が及ばなかったものの、個性的なケータイがランクインした4位以下には、INFOBARシリーズのAndroid端末「INFOBAR A01」のほか、おサイフケータイ対応やワンセグ、赤外線通信搭載と、初めてのスマホとして利用した人も多かった「IS03」などが挙がりました。
 

順位機種名得票数4位auおもいでケータイグランプリINFOBAR A01518票5位auおもいでケータイグランプリMEDIA SKIN467票6位auおもいでケータイグランプリPENCK463票7位auおもいでケータイグランプリtalby432票8位auおもいでケータイグランプリW11K374票9位auおもいでケータイグランプリneon361票10位auおもいでケータイグランプリIS03348票11位Cyber-shotケータイS001347票12位G’zOne TYPE-X304票13位G9285票13位C303CA285票15位C409CA279票16位G’zOne TYPE-R272票17位ウォークマンケータイ W42S268票18位W44S222票19位SH005205票20位W31S197票

 
皆さんが使っていたケータイはランクインしていたでしょうか。ちなみに筆者は当時、初代INFOBARに強く惹かれていたのですが、親の許可が下りず、購入できなかった思い出があります。今あらためて見ても素敵なデザインですね。
 
 
Source:auおもいでケータイグランプリ
(asm)