写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本IBM、アズビル、グリーンハウス、セムテック・ジャパン、東京エレクトロンデバイス、Braveridge、菱電商事の7社は3月30日、IoTを利用する住みやすい社会インフラの構築に向け、長距離無線通信を低消費電力で実現する通信技術「LoRaWAN」を利用した実証実験を、2017年4月〜7月まで福岡市で行うと発表した。

LoRaWANは、低消費電力で長距離通信を実現するIoT向けLPWA(Low Power Wide Area)ネットワークの1つ。

米SEMTECHなどが設立したLoRaAllianceを通じて標準化を推進しているオープンなネットワークの規格であり、10kmを越える長距離の無線通信を低消費電力で実現し、広範囲に配置したセンサー機器からのデータをわずかな消費電力で収集できる。そのため、電源の確保、長距離通信といった課題に対応できる通信方式として、IoTを利用する新たな社会インフラとして期待が高まっている。

今回の実証実験では、福岡市西区にあるBraveridgeを拠点にLoRaWANネットワークを構築し、都市ガスメーター、LPガスメーター、水道メーターからデータを収集し、通信性能を検証し、実用化に向けた課題点の洗い出しを行う。

また、街の安全安心を高める実証として、河川などの水位モニター、大気環境のモニタリング、多機能通知ボタンなどの検証を実施するほか、「スマートゴミ箱」の多面的活用を実証する。

これにより、LoRaWANを利用したデータの利用方法および、今後の適用分野の検討を開始し、福岡市にLoRaWAN実証プラットフォームの構築を検討していく。福岡市は、実証実験フィールドの調整や提供などの面で連携・協力する。また、2017年度には市内広域にLoRaネットワークを構築し、誰もが利用可能な実証環境を整備することで、社会実装や事業化に向けた実証実験を促進し、新たなイノベーション創出を目指す。

各社の担当として、アズビル金門は都市ガスメーター/LPガスメーター/水道メーター、グリーンハウスはLoRaWANセンサデバイス、セムテック・ジャパンはLoRa無線の技術支援、東京エレクトロンデバイスはデバイスモジュールの検証、日本IBMは同社の「LoRaWAN for Watson IoTソリューション」を利用し、IoTの基盤となるサービスである「Watson IoT Platform」や「IBM クラウド」の利用支援に取り組む。

さらに、Braveridgeは独自開発の「LoRaWAN&BLEモジュール」および「LoRaWANスタックon BLEスタック」をベースに、エンドデバイス製品の開発と製造、菱電商事はゲートウェイを中心としてエンドtoエンドでの検証を行い、トータル・ソリューションの提供を実施する。

(山本善之介)