まだ可能性はある!別れのパターン別「復縁テクニック」

写真拡大



大好きな彼に振られてしまったとき、あなたならどうしますか?復縁したい気持ちがあるのなら、別れ方には最新の注意を払いましょう。別れ方のパターン別にその対処法は変わってきますから、それぞれこんな方法で対応することが大切です。この4つのパターンをマスターしておけば彼と再びヨリを戻せるかも?

■1.別れ話があった場合・・・一度はきっぱりと別れる

どんなに彼を手放したくなくても、別れを切り出されたなら一度はきっぱりと別れましょう。別れがあまりにもショックで相手にすがりたい気持ちもあるかと思いますが、そこはぐっとこらえてください。彼が別れを切り出したのは、少なからず彼の中で大きな覚悟をした結果です。まずはその彼の気持ちを尊重してひとりにしてあげましょう。戻るにふさわしい関係であれば、あなたのおおらかさに感謝して彼はあなたのもとへ帰ってくるはずですよ。

■2.自然消滅の場合・・・期間を空けてから連絡する

自然消滅の場合、お互いへの気持ちがなくなったというわけではなく、恋愛以外のことに気をとられてしまっているだけであることが多いもの。お互いに落ち着くタイミングがあれば、ふと恋愛気分が盛り返すこともあるでしょう。ですから、何か恋愛以外の事情が落ち着くまで少し待ってみることが大切です。彼からひょんなきっかけで連絡がくるかもしれません。

■3.ケンカ別れの場合・・・期間を空けずに謝る

ケンカの勢いにまかせて「別れる!」と口走ってしまうことってありますよね。そのまま関係を修復するタイミングを失って別れてしまった場合も、必ずしもお互いの愛情が冷めたというわけではありません。ですから、距離を置いたことで本当に気持ちが冷え切ってしまう前に、素直な気持ちで謝ってみましょう。彼ももしかしたら謝るきっかけを逃していただけかもしれませんから、思い切って謝ることが解決につながることもありますよ。

■4.彼の浮気が原因の別れ・・・定期的に連絡をとる

彼が浮気相手の女性とふたりでいることを選んでしまった・・・。別れのパターンとしては何とも悲しくて最悪な結果でしょう。それでもまだ彼と復縁したい気持ちがあるのなら、彼と定期的に連絡を取り続けることが大切です。いくらあなたへの愛が冷めてしまったとはいえ、一度は深く結ばれた仲。あなたの献身的な連絡があれば、彼は愛を思い出して戻ってきてくれるかもしれません。そのためにも、感情的になって一切の連絡先を削除するなんてことは止めましょう。ただし、連絡のし過ぎには注意。

■一度離れるという選択も考えて

復縁したい気持ちが前面にでてしまい、関係を続けたいという思いからすがってしまうこともあるかと思いますが、しつこい行動は復縁には逆効果。彼とよりを戻したいなら、一度しっかり距離をおきましょう。(seico/ライター)

(ハウコレ編集部)