4月25日(火)より数量限定で発売される「チョーヤ 利き梅酒セット」(税抜400円)

写真拡大

チョーヤ梅酒は、「チョーヤ 利き梅酒(ききうめしゅ)セット」(税抜400円)を、4月25日(火)より全国で数量限定にて発売する。

【写真を見る】奈良県産「白加賀(しろかが)」、和歌山県産「南高(なんこう)」、奈良県産「鶯宿(おうしゅく)」の3種の梅を使った梅酒が楽しめる

品種だけでなく、その産地の土壌や気候など様々な条件によってそれぞれの個性がある梅。同商品では、梅の品種と産地を限定した本格梅酒3品種の飲み比べが楽しめる。

奈良県産「白加賀(しろかが)」は、淡い緑が鮮やかな色つやで、皮は厚めで実が硬いのが特徴。透き通った色合いと澄んだ香りの、すっきり上品な味わいの梅酒に仕上がる。和歌山県産「南高(なんこう)」は、薄めの皮と、厚く柔らかく桃の様な甘い香りの果実が特徴。色合いは少し濃く、まろやかでフルーティーな梅酒に仕上がる。奈良県産「鶯宿(おうしゅく)」は、果皮が濃い緑色で光沢があり、果肉が厚く硬いのが特徴。濁りが少なく無垢な色合いで、爽やかながらも力強い香りとコクのある味わいに仕上がる。

ワインの様に、梅の“品種ごとの個性を楽しむ”ことができる同商品。1本60mlの3本セットなので、母の日などのプチギフトとしても最適だ。気軽に楽しめる飲み比べセットで、梅酒の美味しさを味わってみては。【ウォーカープラス編集部/ホシ】