2017年にリリースが計画されているiPhone8シリーズは、3モデルあると言われています。なかでも「iPhone登場10周年」を記念して作られるモデルiPhone Edition(仮称)は、これまでのiPhoneとは大きく異なるデザインを採用するとみられており、ユーザーの期待を集めています。そんななか、新たにこのプレミアムモデルに関する新情報が浮上しています。

デュアルカメラを縦(垂直)に設置!

ニュースサイトiDrop Newsが、iPhone8の生産を請け負うFoxconnの関係者から入手した情報によると、すでにiPhone Editionのプロトタイプは最終版とも呼ぶべき段階に来ているそうです。驚くべきはそのデザインで、デュアルカメラが横ではなく縦に設置されています。通常プロトタイプは外部が想像したコンセプトイメージからさほどかけ離れていませんが、今回に限って言えば、誰も予想し得なかったのではないでしょうか。
 
iphone edition
 
iPhone7 Plusのように横ではなく、縦になっている理由は、AR/VR(拡張現実/仮想現実)向けのヘッドセットに端末を横にして搭載することが想定されているからだと考えられています。
 
また、iPhone Editionには3DセンサーをFaceTimeに活かすということで、背面(リア)だけではなくフロント側にもデュアルカメラが搭載されるのではないか、という話もあります。

TouchIDセンサーは背面に移動

また、上述の関係者の話では、ボディーがガラス製になるという観測は誤っており、プロトタイプでは黒い金属のプレートが採用されているそうです。最終的にガラスではなくメタルを採用した理由としては、落としたときに割れることをAppleが嫌ったためではないかとみられています。
 
iphone edition
 
さらに、指紋認証を行うTouchIDセンサーについては、物理ホームボタンがなくなる兼ね合いからか、背面に移動する見込みです。当初、TouchIDセンサーはディスプレイの下に埋め込まれるのではないかと目されていましたが、安全面や技術面での課題が残ることから見送りとなったようです。
 
背面に指紋認証センサーを搭載するという試みは技術的に珍しいものではありませんが、SamsungのGalaxy S8も同じく背面に搭載されていることから、ひとまずライバルに先を越されたというわけではないようです。
 
なお、ディスプレイについては、有機EL(OLED)パネルが採用されるものの、カーブの緩やかな2.5Dディスプレイとなるようです。これについては、以前にも「SamsungのGalaxyシリーズよりはカーブが控えめ」とする観測が出ていました。

もし本当だとすれば、意外と現実的なデザインに

あくまでも、サプライチェーンのリーク情報ということで真偽のほどは分かりませんが、もし事実であるとすれば、意外と地に足の着いたデザインに落ち着いてしまったな、という印象が拭えません。
 
ただ、これから生産が本格化するにつれ様々なリーク情報が出てくることが予想されるので、引き続き続報を待ちたいところです。
 
 
Source:iDrop News
(kihachi)