浙江省寧波市梁祝文化園で27日、「日中ミックス版」である「梁山伯と祝英台」の公演が行われた。日本人が演じる「祝英台」と「梁山伯」が、その故郷である浙江省で中国式の衣裳を身にまとい、二人のドラマチックな恋愛ストーリーを演じた。

写真拡大

浙江省寧波市梁祝文化園で27日、「日中ミックス版」である「梁山伯と祝英台」の公演が行われた。日本人が演じる「祝英台」と「梁山伯」が、その故郷である浙江省で中国式の衣裳を身にまとい、二人のドラマチックな恋愛ストーリーを演じた。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

民話劇「梁祝」で祝英台を演じるのは青井聡子さん、梁山伯を演じるのは伊藤健康さん。2009年に鎌倉で初公演を行い、500人以上を動員。多くの人がこの感動的なストーリーに涙したという。

青井さんは、「プロの出演者もいれば、半プロの出演者もいる。私は普段、鎌倉でケーキ屋を経営している」という。伊藤さんも本職はサラリーマン。青井さんと同じくアマチュアであるものの、この中国の古代悲恋物語の奥深い意味を把握し、自分の役をしっかりと演じるために、暇があるたびに何度もセリフを練習しているという。

日本版民話劇「梁祝」の脚本を担当する古野浩昭さんは、中国に留学していた時に初めて梁祝の物語を知った。「こんなに悲しくも美しい恋愛があるのか」と感じた古野さんは、梁祝に関する資料をたくさん読み、梁祝文化を研究している学者・渡辺明次さんとも出会い、そして民話劇「梁祝」を作り、日本でその文化を伝えようと心に決めたのだという。

梁祝文化の「大ファン」である渡辺さんは今回で寧波市に来るのは19回目になるという。「北京大学に留学していた時、梁祝の物語に魅了された」という渡辺さんは、日本に帰ってから、梁祝文化研究所を立ち上げた。そして、この10年、周静書の「梁山伯と祝英台伝説」や趙清閣の長編小説「梁山伯と祝英台」などの翻訳を手掛けたほか、著書「梁山伯祝英台伝説の真実性を追う」を刊行した。

中国梁祝文化研究会の周静書会長は、「梁祝伝説は東アジアで広く伝えられ、日本でも小説や劇になっている。今回、梁祝伝説が残る浙江省を訪問してくれた日本人の方には、梁祝に関するたくさんの文芸作品を作ってほしい」と話す。

古野さんは、「日本版の民話劇『梁祝』のセリフは中国語に翻訳済み。中国で上演したり、中国の方と一緒に上演したりできれば」と話しているという。(提供/人民網日本語版・編集KN)