「キム課長」ナムグン・ミン&2PM ジュノ、愛嬌たっぷりの“TT”ダンスを披露

写真拡大

「キム課長」のナムグン・ミンと2PM ジュノが愛嬌ダンスを披露した。

ナムグン・ミンとジュノは、KBS 2TV水木ドラマ「キム課長」(脚本:パク・ジェボム、演出:イ・ジェフン、チェ・ユンソク) で、各々TQグループに入社し様々な変化を経験する自称他称“ティットリ(TQグループのキチガイ)”ことキム・ソンリョン役と、無敵の会計犯罪の検事からTQグループ財務理事に抜擢されたソ・ユル役で熱演を繰り広げている。

先日放送された第18話では、キム・ソンリョンとソ・ユルが意気投合しパク・ヒョンド(パク・ヨンギュ) 会長に向かって強力な一発を予告した。そして29日に放送された第19話で、2人はイケメンウェイターに変身し、TWICEの「TT」ダンスを披露した。2人が可愛いらしい「TT」ダンスを踊ることになった理由とは何なのか、関心を高めている。

ナムグン・ミンとジュノが「TT」ダンスを披露したシーンは、先日ソウル市江南(カンナム) 区狎鴎亭(アックジョンドン) で撮影が行われた。2人は上下お揃いのウェイターの制服を着て登場し、お互いを見つめ合い笑いを堪らえられずにいる。TWICEの「TT」ダンスを正確に踊れなかった2人は、スタッフから助けられながら「TT」ダンスを習得し、練習もせずそのままダンスにハマる姿で現場を楽しませた。

またジュノは、隠し切れないダンスの実力で色んな振付を踊って見せ、見る者の視線を奪った。多様なアドリブの振り付けダンスを踊っているが、センスのあるダンスで完全に夢中になってしまった。またナムグン・ミンとジュノは、この場面で情熱的にエネルギーを発散し、「カット!」の声と同時に座り込んでしまい「疲れた」を連発、撮影現場を笑いの渦に包み込んだ。

制作社LOGOS FILMは「ナムグン・ミンとジュノが意気投合し、一風変わった“ブロマンス(男同士の友情)”のコンビがどんな感じなのか期待を誘う。この場面も2人のファンタスティックな息が輝くはず」とし「“ティットリ”と“モクソ(食いしん坊+ソシオパス)”が力を合わせどんな痛快な作戦を展開するのか、29日に放送される第19話を見て欲しい」と宣伝した。※30日現在は放送済み