【REPORT】五つの魅力を持つPENTAGONが日本鮮烈デビュー!野生美溢れるゴリラ・パフォーマンスに熱狂

写真拡大 (全13枚)

BEAST、4Minuteなど、数々のトップアーティストを世に送り出してきたCUBEエンターテインメントから昨年10月にデビュー。圧倒的な人気で赤丸急上昇中の10人組グループ、PENTAGONが3月29日に日本オリジナル1stミニアルバム『Gorilla』をリリースする。それに先駆けた24日、品川プリンス・ステラボールで「『Gorilla』発売記念・スペシャルミニライブ&トーク』(昼夜二公演) を開催した。こちらでは第二部の模様をレポート!

日本デビューアルバムを初パフォーマンス!

昨年12月に初のショーケースを開催し、アンコールを含め計16曲を披露していたPENTAGON。今回はタイトルにあるように、充実のミニライブとたっぷりのトークでファンと触れ合った。

オープニングはもちろん29日に発売する、この日のテーマ曲「Gorilla」! 闘争心を煽るようなブラスサンドにのせて、10人は野生美溢れるパフォーマンスを演じ、初っ端からファンのハートを掴んでいく。司会者も「(昼の回に比べ) 夜の方が少し熱くないですか?」と話すほどの盛り上がりにメンバーもみな嬉しげ。その後、自己紹介を挟んでトークタイムになった。

日本デビュー曲に「Gorilla」の日本語バージョンが選ばれました、と振られ、「ヤ〜〜」と全員で口を揃えて喜ぶメンバーたち。キノは「韓国語バージョンとは(言葉が) 違いますからレコーディングの時はちょっと難しかったです。でも、雰囲気はそこまで違いません」と話し、フイは日本オリジナルEPについて「韓国盤1stミニ・アルバムのタイトル曲『Gorilla』と2ndミニ・アルバムのタイトル曲『Can you feel it』が日本語バージョンで入っています。そして『光 -HIKARI-』と『Get Down』という日本オリジナル曲も入っています。僕たちの自作曲が入っているというのが一番大事なポイントです」とポイントを紹介していく。

今回2度目の単独来日となる彼ら。この公演の前には大阪、名古屋でプロモーションを行い、「美味しい食べ物をたくさん食べました。名古屋の手羽先はメンバーが皆気に入りました」(キノ) とご当地グルメを堪能した様子だ。ジンホは「大阪はファンの方が優しくて楽しかったです」と振り返り、司会者が「東京のファンも優しいよ?」と問いかけると、ヨウォンはダブル・サムアップで「その通り」と意思表示。長野出身の日本人メンバー、ユウトが「名古屋に行ったのは初めて」と発言するとファンは皆びっくりし、追い打ちをかけるように、キノが「(前回の来日時も) 『これが東京かぁ〜〜? あっ、東京タワー、東京タワー』(と驚いていた)」と暴露。ちょっぴり照れるユウトにファンは胸キュンだった。

メンバー同士のスケッチで互いの日常を大公開

そんなトークの後はファンとの距離をもっと近づけるために、スペシャルなコーナーがスタートする。まずは「Who are you?」と題し、2人がペアになって互いをスケッチし、他己紹介!
最初はジンホ&ヨウォン・ペアから。ジンホが描くヨウォンは、ロングヘアでボディは筋肉質。腰は細く、吹き出しには「ニコニコ」の文字が書かれ、ディテールがイキイキしている。またジンホ曰く「(ヨウォンは) 自撮りのプリンス」とのこと。その日の気分でカメラの角度を変えるこだわりだ。
そして攻守交替となり、ヨウォンはジンホの「寮での姿」をテーマにスケッチ。そこから明らかなになった普段の彼とは? 一人部屋で、そこには作曲用のピアノが一台。でもピアノよりRPGゲームに興じる時間の方が多いらしい。ピカチュウのぬいぐるみ(ヨウォンの絵が犬にしか見えなかったのもツボ!) もあるが、今は熊のぬいぐるみにとって代わられたそう。また一人遊びにも長け、ユウトは仕事中に“漢江沿いで自転車に乗っている風”で一人で遊ぶジノの姿を激写しファンを沸かせた。

第二ラウンドはイェンアン&ウソク。イェンアンの描くウソクは耳のピアスがポイントで、本人も「1部と2部ではピアスを変えています。これは最近買ったものです」とファンを喜ばす。さらにイェンアンは「フィジカルもすごくいい」と話し、フーディーを着て腹筋を鍛えている写真を大公開。ウソクがその場で腕立て伏せを披露すれば、フロアからは黄色い歓声が起きた。
代わって、ウソクの描いたイェンアンは目元が特徴的で、顔のバランスと胸筋が魅力的。キノは「イェンアンの趣味は筋トレ」とその理由を明かす。

そして最後はホンソク&フイ。ホンソクはネイキッドなフイを描き、「メンバーをからかって、嬉しそうに笑う時の、口元のしわがポイント。笑うと可愛いですよね」と解説し、フイも日本語で「僕の特技はイタズラです」ときっぱり。他のメンバーも「寮では裸で毎日イタズラしています」と暴露する。でも一方では他のメンバーが休んでいる時も彼はリーダーらしくスケジュールを調整するなど、多忙の様子。ホンソクはフイが関係各所とマメに電話連絡を取っている写真を公開した。
対してフイが手掛けたホンソクは「彼の全てを描いた」という力作。顔はイケメン、かつ、ボディはマッチョで、細みのパンツが似合いそう。筋トレならチーム一とのことで、逆立ちでの腕立てというミラクルな写真に場内は驚愕。食事制限もしていそうだがルームメイトのイドンは「いつも何かを食べている」と明かした。

こうしてメンバーの新たな面、意外な一面を発見した後は、再び、歌のステージに。メンバーは、歌の美しさが光る2曲を選び、「Gorilla」とは違う姿を見せていく。

最初に選んだのはフイが練習生時代に作詞作曲を手掛けた「You are」の日本語バージョン。美しく希望に満ち、聴くものを癒すこの曲についてジンホは「歌詞がいい」とコメントし、キノも「キレイでしょ!」と話す。メンバーは、そんなハーモニアスなヒーリング・ソングをスツールに腰かけて歌い、途中から立ち上がり、ステージ前方へ。キノとヨウォンはガッチリ握手を交わし、全員が最後まで歌で魅せていく。続いた「光 -HIKARI-」もメンバーのコーラスワークが美しく、ステージに立つメンバーとそれを応援するファンが互いを照らし合い、場内は眩いほどの光に包まれていた。

キレキレの「本能寺の変」でメンバーが一つに!

お楽しみコーナーのパート2は“ミュージック伝言ゲーム”! 歌とダンスの二チームに分かれて、それぞれを“伝言”し、どれだけ正確に伝えられたかを競うゲームは、楽しさ120%!!
歌チームのフイ、イドン、ヨウォン、イェンアン、ウソクはゴールデンボンバーの「女々しくて」のサビを伝言するのだが、元歌を知らないメンバーには難易度が高い。でも、イドンは「自信満々」と宣言し、途中、ブレブレになりながらも、最終ランナー、ウソクの歌は再現度が95%! ところがダンスチームの判定はオール×と厳しく、う〜〜ん、残念!

対するダンスチームは、キノ、ホンソク、ユウト、シンウォン、ジンホの順で、ダンスユニット、エグスプロージョンの「本能寺の変」を伝“ダンス”。キノ→ホンソクは完璧だったが、ユウトからズレ始め、ジンホの段階では微妙に違う感じのエンディング。これに歌チームが二つの合格サインを出したため、このコーナーはダンスチームの勝利に。勝敗が決まったとはいえ、ファン想いなPENTAGONがここで終わるはずはない。10人は即興で3角形のフォーメーションを組み「本能寺の変」を華麗にダンス! イキナリとは思えないほどのチームワーク、そして、キレの良さには、彼らの瞬発力の高さ、臨機応変の対応力を見た。

そんなサプライズの後は格好良さ満点の「Can you feel it」日本語バージョンを初公開し、本編ラストの「Pretty Pretty」ではイェンアンとイドンがサランヘポーズを練り込み、溌剌としたステージを見せる。そしてアンコールを望む「PENTAGON」という掛け声に応えて、「ユニバース(PENTAGONのファン)」とコールしながらステージに入ってきたメンバーたち。アンコールで再び「Gorilla」を歌えば、ゴリラ度がますますアップし、パワフルな魅力が爆発! フイとキノはフロアに降りて、会場の端のファンまで触れ合う気配りを見せ、ユニバースを喜ばせていた。

チーム名は5角形の意味。それは、ボーカル/ラップ、ダンス、チームワーク、オーラ、マインドの五つの要素からなる。それをレーダーチャートで表現するなら、彼らは新人ながらも、すべての項目が100に近く、この公演でも豊かな将来性をしかと見せつけた。また、今回、新作の中から1つだけ披露されなかった「Get Down」について、ウソクは「日本のアルバム中、一番好きな曲で、僕の魅力が詰まっています」とコメント。イドンは「ステージで歌うのが楽しみ」と話してくれたので、次のステージのキモ曲になること間違いなしだ。

終盤の挨拶で、メンバーは今後についてこう抱負を述べた。

イドン「僕たちのユニバースは本当に綺麗だから、もっとパワーが出ました。早いうちにまた格好いいステージで戻ってきます」

ヨウォン「皆さんにすごく会いたかったです。これからはもっともっと会いたくなると思います。皆さんの愛に応えていけるよう一生懸命頑張ります」

ユウト「これからもっともっと成長していくので、温かく見守ってほしいです」

ウソク「もっともっと大きなステージに立ちたいし、ファンの皆さんともゲームをしたいです!」

PENTAGONの日本での歩みはまだ始まったばかり。次なるステージに向け、10人はさらにステップアップしていく。

 

ライター:きむ・たく

【PHOTO】PENTAGON、日本1stミニアルバム『Gorilla』発売記念・スペシャルミニライブ&トーク

【イベント概要】
PENTAGON ‘Gorilla'発売記念スペシャルライブ&トーク
会場:品川プリンスステラボール
日時:2017年3月24日(金) 18:00 Open / 19:00 Start

【セットリスト】
01. Gorilla
02. You are
03. 光-HIKARI-
04. Can you feel it
05. Pretty Pretty

PENTAGON Official FANCLUB:http://pentagonfan.com/