少女時代 テヨン、韓国1stフルアルバム「My Voice」リリース…完成度の高い楽曲に期待高まる

写真拡大

少女時代のテヨンが2017年春、1stフルアルバム「My Voice」デラックスエディションを発売する。

4月5日午後12時、各音楽サイトを通して公開される今回のアルバムは、1stフルアルバムの収録曲と共に「Make Me Love You」「I Blame On You」「Curtain Call」など、3曲の新曲とヒットソング「11:11」を含めた全17曲で構成されている。

今回のタイトル曲「Make Me Love」は、軽くて静かなサウンドと、テヨンのソウルフルなボーカルが調和されたポップR&B曲で、まるで魔法のような神秘的な雰囲気が春によく似合う。グローバル音楽ファンから反響を呼ぶと期待される。

また「I Blame On You」は美しいピアノのメロディと雄壮なストリング楽器のハーモニーが印象的なポップバラードナンバーで、別れた恋人を懐かしく思い、待っていると告白するストーリーだ。アルバムのフィナーレを飾る楽曲「Curtain Call」は、テヨンが口ずさむように歌う楽曲の最後の小節と、そこからも続くメロディが余韻を残し、人気が出ると見られている。

テヨンは、29日から公式ホームページを通して新しいコンセプトに変身した魅力的な予告イメージを順次公開しており、完成度の高い楽曲が収録された今回のアルバムにより一層の期待が高まっている。

テヨンの1stフルアルバム「My Voice」デラックスエディションは、4月5日よりネットと店頭で発売される。